スポンサードリンク

iOS 9版Safariで広告表示をブロックするiPhoneアプリ「Crystal」

スポンサードリンク

Ad block 6752

「iOS 9」のSafariで、コンテンツブロック機能、特に広告表示をブロックするiPhoneアプリが話題になっていますが、その中の代表格である「Crystal」を試してみました。確かにネタフルもGoogle AdSenseなどの広告表示がブロックされました。広告が表示されないことで、利用者にはデータ通信量の削減ができる、表示が速くなるといったメリットがあるのですが、広告収入で運営されているサイトには影響が小さくありません。

スポンサードリンク

Safariで広告表示をブロックするiPhoneアプリ「Crystal」使い方

Ad block 6753

ダウンロードしたアプリを起動すると、このような画面になります。設定方法の解説です。

Ad block 6754

さらには広告表示をブロックしたいサイトのURLを報告するフォームも搭載されています。

具体的な設定方法は以下の通りです。

Ad block 6755

「設定」から「Safari」を開き「コンテンツブロッカー」から設定することが可能です。

Ad block 6756

「コンテンツブロッカー」から「Crystal」をオンの状態にすれば、広告表示がブロックされるというものです。

「Crystal」でブロックされた広告表示を確認する

Ad block 6757

「Crystal」をオンにした状態でネタフルにアクセスすると、確かに「スポンサードリンク」というテキストが残るのみで、広告表示は消えています。


Ad block 6758

「nend」のフローティング広告は残っていましたが、いずれこれもブロックされるかもしれません。

Ad block 6759

広告跡地。

広告ブロック以降はどうなる?

単純に考えて、広告収入をベースに運営しているようなサイトは打撃を受けるでしょう。ネタフルも、少なからず影響は受けるはずです。ネタフルは個人商店のようなものなので、すぐに運営自体がどうこうなるとは深刻には考えてはいませんが(従業員がいたら大変です)。

無料のものもあるにせよ、あえてダウンロードし、設定する人がどのくらいいるかは未知数です。もしかするとそこまで多くないかもしれないし、そもそもアドブロックを利用する人は広告を見ない、クリックしない人であるかもしれません。

ただ、Google Analyticsもブロックされているという話も聞こえてきますので、そうなるとPVに由来した広告ビジネスそのものが曲がり角にあるのかな、とも感じます。ウェブサイトの分析もどうなってしまうのでしょうね。Google Analyticsを使えば良いのかもしれませんが、いたちごっこのような気もしますし。

サイトを見る人にはコンテンツをブロックする自由はあると思いますので、こうしたアプリを使うことは時代の流れなんだろうな、と思って静観しようと考えています。どのくらいの広がりを見せるのか、まずはそこを見極める必要があるでしょう。

Amazonアソシエイトやアフィリエイトのリンクをブロックできるとか、そういうことも可能になるのでしょうか? AppleはじわじわとGoogleを追い詰めようとしているのでしょうか? 広告収入を断たれたブロガーは、モチベーションを保ち続けることができるでしょうか?

Ad block 6760

外部から配信される広告の表示ができなくなると、ネイティブアドと呼ばれるものだったり、記事広告が、より一般的なものになるのかもしれません。

スポンサードリンク

前へ

まさに手のひらサイズの大容量!「cheero Power Plus 3 mini」6,700mAhのモバイルバッテリー

次へ

「Seesaaブログ」ペナルティでGoogle/Yahoo検索結果から除外される → 現在は復帰済み