2014 12 19 1046

これまでにも無線で繋いだiOSデバイスをMacの外部モニタ代わりにするというアプリはありましたが、タイムラグがあるのを懸念していた人もいるかと思います。iOSアプリ「Duet Display」は違います。ライトニングケーブル(有線)で接続するので、タイムラグゼロを実現しています。「Duet Display」を試してみたレポートです。

「Duet Display」を試してみた

まず「Duet Display」をApp Storeから購入します。通常1,500円のところ、今日まではリリースセールで1,000円だそうです。iPhone/iPadで使えるiOSアプリですが、とりあえず今回は「iPhone 6 Plus」で試してみました。

Duet display 6905

インストールした「Duet Display」を起動すると、Macにもアプリをインストールするよう促されます。指定されたURLにアクセスすると、自動でアプリがダウンロードされるので、インストールします(再起動が必要です)。

Duet display 6906

アプリを起動し、ライトニングケーブルで「iPhone 6 Plus」を接続すると、認識され、外部モニタとして接続されます。

Duet display 0203

最初は解像度などがおかしなことになるかもしれませんが、普通に外部モニタを接続した時と同じで、システム環境設定からディスプレイを開き、調整します。

Duet display 0204

iPhone/iPadが外部モニタとなる訳ですので、マウスカーソルがそのままiPhone/iPadの中に移動していきますし、またタッチ操作も可能です。

Duet display 0206

普通にYouTubeも再生して見られました。

今回は「iPhone 6 Plus」で試していますが、本格的に使うならiPad miniやiPadの方が画面サイズも広くて間違いなく便利でしょう。

2014 12 19 1053

解像度やフレームレートも調整することができます。60fpsで再生できるのも売りになっているようですが、30fpsでも通常の使用なら問題ないと思われます(むしろマシンパワーを食わなくていいかも?)。

2014 12 19 1059

アクティビティモニタでチェックすると、相応にCPUパワーは使ったているようですので、それなりにマシンパワーが使える環境が望ましいかもしれません。

何かの作業時にサブディスプレイが必要だったという方は、試してみてはいかがでしょうか。余っていたiPadが1,000円で外部モニタとして活用できるかもしれません。

Duet Display」は1,000円のiPhone/iPadアプリです(セール後は1,500円)。

Duet Display App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,000