Cloudclip 6795

こんなアプリが欲しかった〜!

iPhone/iPadとMacの間で、コピーしたテキストをクラウド経由で同期することができる「CloudClip」というアプリがありました。

URLとか住所とか、MacからiPhoneにテキストを送りたいことは、しばしばあると思います(ありますよね?)。

外出する時に、GoogleマップのURLとか、送れたら便利だなぁ。

そんな機能を実現してくれるのが「CloudClip」という訳です。機能はシンプル、コピーしたテキストをiCloud経由で同期します。

まずはiPhoneアプリから試してみます。

Cloudclip 6795

これがメインの画面です。何かのテキストを予めコピーし、その後に「CloudClip」を開くと、自動でテキストがペーストされます。

Cloudclip 6797

長押しするとメニューが表示されます。テキストをコピーしたり、URLをSafariで開いたり、メッセージやメールに貼り付けることが可能です。

Cloudclip 6796

タップすると内容を開くことができます。

機能として非常にシンプルですね。続いて、Mac版です。

2013 02 26 1457

インストールすると、メニューバーからアクセスできるようになります。既にiPhoneでコピーしていたテキストが同期されていますね。

2013 02 26 1458

テキストを選択し、コピーすることができます。

2013 02 26 1503

「Automatically Add Clips」を選択しておくと、Macでコピーしたものは、次々にここに保管されていきます。特定のものを保存しておきたい場合は、チェックは外しておいた方が良さそうです。

MacからiPhoneにテキストを送る場合は、Evernoteやメッセージで送信するなどしていたのですが「CloudClip」はそれ以上に、とても手軽で便利なアプリだと感じました。

以下のアイテムをタップで取り扱い可能です。

Phone number - Dial or text message
Web address - Opens in your browser
Location - Opens in maps
Email Address - Opens an email

最大で記憶できるのは15個までとなっています。

似たところでは「CloudClipboard」というアプリがあるのですが、こちらは画像もやり取り可能ですが、Macとの同期はできません。

「CloudClip」は無料のアプリです。

CloudClip App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

CloudClip Manager App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料