reeder_3453.PNG

Instapaper連携でブログ読みまくり生活を実現してしまう「Reeder」というiPhoneアプリを試してみました。

ぶっちゃけ「RSSリーダはもう終わりだ」くらいのことは思っていたんですよね。自分でもツイッターばかりしか見てないし。みんなもツイッターばかりだろうし。

と思いつつ、知り合いの間で評判の良かった「Reeder」をiPhoneにインストールしてみたところ、ガッツリとライフスタイルが変わってしまいました。

もうブログを読みまくり! どこだ! もっとRSSフィードはないのか!?

みたいな感じになっております。

「Reeder」はGoogleリーダーというRSSリーダと連携するアプリですので、まずはそちらでアカウントを取得し、ブログなどのRSSフィードをそちらに登録しておいてください。

後はもう「Reeder」で読みまくるだけ、です。

ユーザインターフェースとかも、特に説明もないんですよね。ツラツラと読んでいくだけなので。

reeder_3454.PNG

カテゴリ(フォルダ)毎に未読を読んでいくこともできますし‥‥

reeder_3455.PNG

登録しているブログ毎に読むことも可能です(メインの画面から「>」アイコンをタップします)。

ブログを読みながら全てを既読にするには、左下のチェックアイコンをタップすれば一発です。

こんな感じで超シンプルにガシガシ読んでいくのですが、次々に未読を消化できる理由はコチラです。

reeder_3456.PNG

気になるフィードを、さまざな方法でクリップしておくことができるのです。個人的にお薦めは、もちろんInstapaperです。

ウェブを保存して後で読む「Instapaper」のある快適生活の始め方(PC/iPhone/iPad連携)

後でまとめてパソコンで読みたいものは、次々にInstapaperに送っておきます。これ、全く同じことをツイッターのiPhone公式アプリでも行っているのですね。

とりあえず流し読みしながら、Instapaperに送りまくり、後でまとめて消化するという流れです。これが可能になると、RSSリーダの恩恵を再び受けることができるようになりました。情報収集の幅が広がったことを実感しています!

iPhoneでそのまま読めないこともないですが、未読処理の間に閲覧が挟まると、どうにも思考が停滞する気がします。未読処理の時はそれだけに集中したい、そのためのInstapaperという訳ですね。

最近、RSSリーダはご無沙汰だな、という人は、ぜひとも「Reeder」を試してみてください。きっと目からウロコが落ちると思いますよ。

Reeder」は350円の有料アプリです。

Reeder

#「App Storeicon」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。

 iTunes Store(Japan)