iphone_photo_2112.PNG

「iPhone 4」のカメラで動画撮影し、iMovieiconで編集、そしてYouTubeにアップロードする方法をご紹介します。

カメラアプリで動画を撮影してある、という前提でiMovieの使い方から説明します。

ちなみに、トリミングするだけなら写真アプリで可能です。動画を繋げたり、音楽を入れたりするのにiMovieが必要です。

iphone_photo_2107.PNG

起動して、新規プロジェクトを作成します。ここで動画を編集しますよ、という場所を作る感じでしょうか。

iphone_photo_2109.PNG

なお、GPSがオンになっていないと、動画を編集することができません。アップロードする際に必ず付与される情報ではないので、GPSオフでも編集できるようになると良いのですが。

iphone_photo_2110.PNG

編集したい動画を選択するために「メディアを挿入」をタップします。

iphone_photo_2111.png

編集したい動画を選択します。

iphone_photo_2113.png

動画を選択したところです。

iphone_photo_2124.png

歯車の設定アイコンから、テーマを選択できます。動画が再生される時のテーマと、テーマ曲を選びます。

iphone_photo_2121.PNG

テキストを挿入する場合は、動画部分をダブルタップすると「クリップの設定」になります。オーディオは録音している音のオン/オフです。

iphone_photo_2122.PNG

「スタイル」で、テキストを挿入する場所、文言を設定します。

iphone_photo_2123.PNG

「場所」で、位置情報が付与されます。

iphone_photo_2125.PNG

「タイトルテキストを入力」で、そのままテキストが入力されてしまっているところです。BGMは「明るい」となっています。

iphone_photo_2128.PNG

続けて2本目の動画を読み込ませると、トランジションすることができます。

iphone_photo_2129.PNG

トランジションの設定もあります。

凝った編集はできないですが、とりあえず何本かある動画を繋げる、みたいなことは非常に手軽にできると思いました。

続いて、動画を書き出してYouTubeにアップロードしてみます。

iphone_photo_2114.PNG

「書類+★」のアイコンをタップし、プロジェクト管理の画面に戻ります。左下のアイコンをタップして‥‥

iphone_photo_2115.PNG

書き出し設定を選択します。とりあえずYouTubeへのアップロードのテストなので、360pにしました。

iphone_photo_2116.PNG

iphone_photo_2118.PNG

20秒ほどの動画ということもあり、書き出し自体は10数秒という感じでした。

続いて写真アプリからカメラロールを開き、書き出した動画を選択します。

iphone_photo_2119.png

左下のアイコンをタップします。

iphone_photo_2120.PNG

「YouTubeに送信」をタップします。

iphone_photo_2131.PNG

YouTubeのID/PWを入力します。

iphone_photo_2132.PNG

タイトルやタグを入力します。

iphone_photo_2133.PNG

基本、全ての情報を入力しないとアップロードできません。

iphone_photo_2134.png

iphone_photo_2135.PNG

3G回線でしたが、アップロードは20秒ほどで完了しました。あまりのあっけなさに驚きました。

ということで、アップロードが完了したのがコチラです。

ストーリーも何もない、ただのサンプル動画ですので期待しないでご覧ください。

それにしても、

・動画を撮影する
・動画を編集する
・動画をYouTubeにアップロードする

といった一連の作業が、こんなにも簡単に、なおかつ快適に行えるとは驚きでした。しかもこれ、全て「iPhone 4」だけで行っているのですからね。

「iPhone 3GS」でも同様のことは可能だったと思いますが、この分野、さらに進化していきそうな予感がします。

簡単ではないと思いますが、可能性として「iPhone 4」で撮影しiMovieアプリで編集した短編映画みたいなものもあります。

iMovieiconは600円のアプリです。

#「App Storeicon」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。

 iTunes Store(Japan)