iphone_photos_034002.PNG

ツイッターでカレンダーを共有できる「TwitCal」というiPhoneアプリがリリースされています。

利用にはユーザアカウントの取得が必要です。

iphone_photos_034003.PNG

また、ツイッターにつぶやいてカレンダーを連携するには、ツイッターのアカウントが必要になります。

iPhone用のカレンダーアプリを探している人は少なくないのではないでしょうか。

個人的には月表示した際に、個々の予定が見えるのが良いので「さいすけ」を利用しています。とはいえ、良いアプリがあればいつでも乗り換える準備もできています。

というのも、基本的にはGoogleカレンダーのビュワーだから、です。Googleカレンダーの予定を見て、追加ができれば問題ありません。

iphone_photos_034005.PNG

そういう意味では、デザインもキレイで非常に良いな、と思いました。ただ、月表示で個々の予定を細かく表示できないので、現時点では乗り換えるのはちょっと難しそうです。

iphone_photos_034006.PNG

横向きにした際のビューも見やすいですね。

予定の追加も分かりやすいです。

iphone_photos_034007.PNG

追加した予定は、ツイッターでつぶやいて共有することができます。

iphone_photos_034008.PNG

以下のようにつぶやかれます。

2010-03-12_1450.png

ここで表示されたURLをクリックすると、カレンダーの画面にリンクします。

2010-03-12_1452.png

この画面から、イベントを自分の「TwitCal」に取り込むことが可能です。

ツイッターだと全公開のスケジュールになってしまいますが、メールアドレスで共有することも可能です。

ただし、Googleカレンダーとの共有がまだなので、個人的にはもう少し様子見であります。

とはいえ、Evernoteに書き込これただ予定をカレンダーに取りこめるなどユニークな機能もリリースされるそうなので、今後の進化に期待しています。

TwitCal」は350円の有料アプリです。

#「App Storeicon」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。

 iTunes Store(Japan)