iPhoneApps_11_655.PNG

美しいインターフェースでインターネットラジオを聴くことができる「Internet RadioBoxicon」というiPhoneアプリを試してみました。

使い方は簡単で、アプリを起動して聴きたいチャンネルを選択するだけです。

iPhoneApps_11_646.PNG

RadioBox、SHOUTcast、icecastとあるので、チャンネルの数はかなりあると思います。

とりあえずRadioBoxを選んで、チョイチョイチョイ、と。

iPhoneApps_11_647.PNG

iPhoneApps_11_648.PNG

iPhoneApps_11_649.PNG

iPhoneApps_11_650.PNG

iPhoneApps_11_652.PNG

これで音楽が再生されている状態ですが、下のコントロールパネルは通常は隠れています。画面をタップすると出てきます。

なんといっても、ユーザインターフェースが美しいのが気持ち良いですね。それだけで、使いたくなる、というものです。

iPhoneApps_11_653.PNG

設定では流れているパケット量などを見たり、各種設定をすることができます。ツイッターアカウントを設定すれば、聴いているチャンネルをつぶやくことができます。

「コントロールパネル」の「+」をクリックすると、以下のようなメニューが出てきます。

iPhoneApps_11_654.PNG

ここからツイッターのポストなどができるのですが、ユニークな機能は「Run in Background」です。

SafariのQuickTime再生を利用するのですが「Internet RadioBoxicon」自体は終了し、バックグラウンドでストリーミングを聴くことができるのです。

ということで「Internet RadioBoxicon」は115円の有料アプリですが、個人的には購入して大正解でした。

#「App Storeicon」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。

 iTunes Store(Japan)