食べ物を美味しく撮れるという「DeliCamicon」という「iPhone」アプリを知ったので、試してみました。

200905271521.jpg

カメラアプリ「DeliCam - 美味しく撮れるカメラ」を試す - MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)で知ったのですが、普段から食べ物を撮影する機会は多いので「これは!」ということで試してみました。

まずは起動直後の画面です。

200905271522.jpg

いきなりこの画面になると戸惑うかもしれませんが、左下のカメラアイコンをタップしましょう。

8764dd8514ca81e32f8f7e0bb38e64ae.jpeg

自分で写真を撮影するか、既存のアルバムから選択するかを選ぶことができます。とりあえず、既にある写真を選ぶと‥‥

1b7f874ce13ea24de3f24dd85e0ce6ac.jpeg

「調理中」と出てきて、何やら画像を変換しているっぽいです。

f0970ef2f3f80e246184ffc3433c7613.jpeg

変換終了です。

とりあえず、変換前と返還後で比較してみます。

200905271525.jpg
変換前

henkango-delicam.jpeg
変換後

パッと見、それほど違いが分かりにくい写真で申し訳ないのですが、ホワイトバンスが調整されている‥‥という感じでしょうかね?

ちなみに、画像の保存方法ですが、

・メール送信
・Twitterポスト

を選ぶことができます。

77bade9fb767d83d59167ec29407bc73.jpeg

設定画面から、

・メールアドレス
・メールする際の画像サイズ
・Twitterアカウント

などを設定しておきます。

7d0215b385f1179d10fa0103ea742329.jpeg

TwitterへのポストはTwitPic経由となります。

2009-05-27_1530.png

できれば、本体内に画像を保存できるとありがたいですかね。「iBlogger」を使って、ブログにエントリーをポストしているので。

画像編集ソフトを使えば同様のことは可能だと思いますが、食べ物にフォーカスしていて、何も考えずに調整してくれるのは手軽で良いかもしれません。

DeliCamicon」は、現在は115円のアプリです(将来的に230円になるよう)。

#「App Storeicon」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。

 iTunes Store(Japan)