PCから「iPhone」にデータや書類を移動して閲覧する方法はいくつかありますが、個人的に「iPhone」と「ACTPrintericon」は115円「Evernote」アプリの連携で重宝している方法を紹介します。

2009-04-09_1243.png

それは、PCで書類を印刷するときに印刷先を「Evernote」にする方法です。ひょんなことで気づいたのですが、これがけっこう便利だったりします。

メニューから「プリント(印刷)」のダイアログを開くと、左下に「PDF」とあるのが分かると思います。ここをクリックすると‥‥

2009-04-09_1243-1.png

「Save PDF to Evernote」があります。これを選ぶとPDFとして書類を印刷し、PCの「Evernote」にファイルを保存してくれます。

2009-04-09_1244.png

後は同期するだけ。同期すれば、このPDFを「iPhone」の「Evernote」アプリから閲覧することができるようになります。

200904091255.jpg

ぼくは訪問先の会社の会社概要にある地図を印刷したり、飲食店の地図を印刷するなどしています。もちろん「iPhone」から開けばいい話ですが、何があるか分かりませんので、念のために地図をPDFとして持っていると安心です。

MacからiPhoneに文書を印刷できるアプリ「ACTPrinter」というアプリもあったのですが、ぼくの環境ではうまく動きませんでした。実はこのソフトを触っている時に「Save PDF to Evernote」に気づいたのでした。

「iPhone」の写真をMacに同期させたりにも使っていますし、とったメモも自動的に同期してくれるので「ACTPrintericon」は115円「Evernote」は本当に便利です。無料アプリです。

以下のような関連エントリーもどうぞ。

10 iPhone Apps(ネタフル)
ネタフル的に手放せない「10 iPhone Apps」
iPhoneのメモ・写真・音声をMac/Winと同期する「Evernote」
「iPhone」を心地よいデジカメとして使う

#「App Storeicon」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。

 iTunes Store(Japan)