「iPhone」のメモリ使用状況を表示することができる「Memory Statusicon」というアプリで、起動中のプロセスの確認に加え、メモリのクリーンナップも可能になりました。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p1567_3162bbd90f6bd346b76418f83128e603.jpeg

最初はメモリの使用状況を表示するだけだったのですが、起動しているプロセスが表示可能になり、さらに今回のバージョンアップではメモリの掃除も可能になっています。

iPhoneのメモリ使用状況を表示する「Memory Status」
iPhoneアプリ「Memory Status」起動中のプロセスの確認も可能に

今回のメモリの掃除では、主な常駐アプリケーションを終了して空きメモリを増やすということです。そのため、常駐アプリケーションが起動していないと実行されません。

Level 1 Safariを終了する(Safari以外を終了することもある)
Level 2 Safari、Mail、iPodを終了する

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p1558_dbc8c7c38252c388e4d59c65aee59a1d.jpeg

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p1552_5d616ff3cdf260bdb7131ed5f81eb9fd.jpeg

確かに掃除を実行すると、メモリの空き容量が増えました。「iPhone」自体をリブートするのが確実でしょうが、普段は「Memory Statusicon」でも良いカモ。

#「App Storeicon」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。

 iTunes Store(Japan)