iPhoneアプリ、1万本を超えるという記事より。

米AppleのiPhoneアプリケーションが1万本を超えた。米iTunes Store内のApp Storeに登録されたアプリケーションをカウントしたところ、12月8日10時30分時点で1万485本となっていた。

アメリカのiTunes Store内にある「iPhone」アプリが、12月8日の時点で1万本を超えていることが確認されました。

7月11日にスタートし、わずか5ヶ月で1万本ものアプリがリリースされたことになります。1ヶ月あたり2,000本。1日だと60〜70本といったところでしょうか。いずれにしてもすごい数です。

米Wall Street Journal紙などに米Appleが掲載した全面広告によれば、ユーザーによるダウンロード総数は3億回を超えている。

ダウンロード数もすごいことになっていますが、無料だったらもちろん気軽にダウンロードしますし、有料でもけっこうサクッと買っちゃうんですよね。

有料ダウンロードの累計販売ベスト8に日本人作者である笠谷真也氏が開発したPocketGuitarが入り、全世界で30万本以上を売るなど、デベロッパーにとっても大きな市場となっている。

おお、すごい! 個人のソフトが世界中で30万本以上も売れているなんてすごい!

#「App Storeicon」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。

 iTunes Store(Japan)

■関連記事

「App Store」のアプリケーション数が1万以上に--アップル、サイト広告で明らかに

Appleは3億回のダウンロードのうち、無料と有料のアプリケーションが占める比率を公開していない。