夏の50連発!! これが定番iPhoneアプリだ(前編)という記事より。

今回はヘビーにiPhoneを使い込んでいるライター/編集者にアンケートを取り、実際に使っていたアプリの中から魅力あふれる50本を厳選。「ネット」「音楽・画像」「情報管理」「ゲーム」「その他」の5ジャンルに分けて紹介していく。

ASCII.jpが「iPhone」を使い込んでいるライター/編集者にアンケートをして、50本を厳選して紹介する企画です。

無料のものはとりあえず試してみれば良いですが、有料となるとガッカリする確率は減らしたいところなので、こうした記事は参考になります。

前半では、

ネット
音楽・画像
情報管理

で、27個が紹介されています。

自分で使っているものもあれば、そうでないものもあり。試してみたいものもいくつかありました。

iTrailicon」は面白そうです(350円)。

iPhoneで測定したGPSデータを記録し、距離やかかった時間などを可視化してくれるソフト。例えば、移動速度を折れ線グラフ化したり、たどったルートをGoogleマップ上に表示することが可能だ。

G-Spoticon」もいいかも(230円)。

GPSを活用するためのソフト。自分がどの方角に向かっているかを示してくれる「Compass」、Googleマップ上に現在地を表示する「Spot Me」、その現在地のURLをメールする「Share」といった機能を備える。

どちらもGPS系です。

とりあえずどちらも購入してみたので、改めてレポートしたいと思います。

ちなみに、ネタフルでもぼくが試してアプリを「iPhone用アプリ」カテゴリで紹介していますので、参考にして頂けたら嬉しいです。

個人的に良いと思っていて機会があれば試してみて欲しいのは、

iPhoneのGPS情報で近隣の飲食店を検索する「30min.(サンゼロミニッツ)ランチ検索」
ハチがフルーツを逃がすiPhoneらしいゲーム「DizzyBee」
iPhoneで強力に鼻歌検索する「Midomi」
iPhoneで乗換案内・終電検索する「駅探エクスプレス」
明治以降の元号早見表「Gengou」
iPhoneのメモ・写真・音声をMac/Winと同期する「Evernote」

などでしょうか。

#「App Storeicon」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。

 iTunes Store(Japan)