クリップしたデータを複数のデバイスで同期することができる「Evernoteicon」のiPhone用アプリを試してみたのですが、これがまたシビレた。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p38_5d6313e20bc8da3feff2c6a728a9f2cb.jpeg

ウェブや写真をクリップして検索できる「Evernote」がヤバそうというエントリーで紹介したことがあり、個人的にも注目していたのですが、

・基本的に使っているPCが一台
・日本語の検索ができない

ことから「惚れ込んで使いまくる」というところまでは到達していませんでした。

しかし今回「iPhone」を手にしたことから、

・複数デバイス間におけるデータの共有

のありがたみを知ることに!

これまで「iPhone」で写真やスクリーンショットを撮影すると、メールでMacに送信していました。枚数が多いとけっこう面倒です。

そこで「Evernoteicon」です。

テキストでも写真でもスクリーンショットでも音声でも「iPhone」と「MacBook Air」を同期させてしまうのです。

アカウントを登録していれば、ID/PWを入力するだけなので使い方も至って簡単です。

まずは基本画面から。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p35_92f95f89bc9fdb458b772e3768fe48f2.jpeg

上から、

・テキストノート
・スナップショットノート
・保存してある写真用ノート
・オーディオノート

となります。

それぞれをタップすると、それぞれの入力画面が現れます。まずはテキストから。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p36_c046304c7518ffab7859728a1af52ece.jpeg

タイトル、タグ、本文を入力し、右上の「Save」をタップします。データがネットワーク上のサーバに保存され、別のマシンにインストールしている「Evernote」と同期が可能になります。

続いてスナップショット。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p37_7886bcbec1968eab1effded0a2c6c559.jpeg

「Evernote」から直接、カメラを起動するモードです。これは残しておきたい→あとでPCで確認したい、といった時にこの機能を使うと便利でしょう。

そして音声モードでは、録音した音声を同期することができます。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p29_033f0531d76c93636cc08fbbb554887d.jpeg

アイデアが閃いた時に文字をタイプするよりも、音声で残せると簡単ですね。後からPCに音声データを移す、という面倒なことを考える必要がありません。

既に保存してある写真、スクリーンショットも、このように同期することができます。

_Users_kogure_Library_Application-Support_Evernote_data_29848_content_p27_3d7b131abd85e720509c60a04279ed50.jpeg

「iPhone」でもろもろのデータをクリップした後、Mac版のアプリケーションを起動して同期してみました。

2008-07-16_1134.png

「iPhone」で保存したデータを、全てMacから見られるようになりました!

「iPhone」がデータ定額でほぼ常時接続な環境にあるからこそ、このシームレスなデータ連携が実現しているのですね。実に「iPhone」らしいアプリケーションの一つだな、と思いました。ちょっと感動です。

もちろん、Macでクリッピングしたデータを同期することもできるので、出先で確認したいものや読みたいものは「Evernoteicon」で同期しておくと良いのではないでしょうか。

なお「Evernoteicon」は現在、

・Windows
・Mac
・Windows Mobile
・iPhone

各バージョンがあります。

無料でダウンロード可能なので、興味のある人はぜひ試してみてください。

#Apple Storeで「iPhone 3G」を見る
#ネタフル「iPhone用アプリカテゴリー」もどうぞ。