スポンサードリンク

埼スタの芝生がこれほどまでに似合うモバイルバッテリー「TAGPLATE Shibaful」試してみた

スポンサードリンク

TAGPLATE Shibaful

あれ? 埼スタのピッチで記念撮影したら、同化しちゃって見分けがつかないって!? そんな! そんなのどうかしてる!

思わずそんなダジャレを言いたくなってしまうモバイルバッテリーが発売開始されました。その名は「TAGPLATE Shibaful」。シバフル‥‥あ、なんか他人の感じがしない。

ということでこの度、縁がありまして、モニター用に「TAGPLATE Shibaful」をお預かりして体験してみました。そんなレポートをお送りします!

スポンサードリンク

NuAnsとShibafulのコラボ商品である

「TAGPLATE Shibaful」は、NuAnsの薄型モバイルバッテリー「TAGPLATE」と、芝生の質感を再現した雑貨ブランド「Shibaful」のコラボ商品です。

もともと「TAGPLATE」は次のような特徴を持ったモバイルバッテリーです。

・タグ型のLightningケーブルが本体と一体化
・iPhoneが約2回フル充電できる、大容量6,000mAh
・ホコリがつかず、端子を保護する一体型機構
・電池残量が一目でわかる、LEDインジケーター
・充電用micro-USBケーブル付属
・電気用品安全法(PSE法)適合品
・安心のApple社認証「Made for iPod/iPhone」取得

安心安全の製品であることが第一のポイント。そして第二のポイントは、Lightningケーブルと本体が一体化していることの利便性です。

もともとバッテリー自体にケーブルがついている製品には懐疑的なところがあったのですが‥‥使い勝手はどうだったでしょうか?

「TAGPLATE Shibaful」を試したくなった理由

一も二もなく「TAGPLATE Shibaful」を試したくなったのは、それは他ならない、ぼく自身が浦和レッズのサポーターだからです。

サッカーが好きだったら、やはり全面芝生のモバイルバッテリーというのは、非常に気になる存在ではないかと思います。

TAGPLATE Shibaful 1

届いた「TAGPLATE Shibaful」は上質なパッケージングが施されていました。Apple関連製品を多く手がけているトリニティらしいパッケージングです。

箱から取り出してみると‥‥?

TAGPLATE Shibaful 2

芝。芝、芝、芝。

TAGPLATE Shibaful 3

裏返しても、芝。芝、芝、芝。

もしも「芝さん」がいたら、それだけでこのモバイルバッテリーを所持する理由になるであろうと、全面の芝です。

正直なところ「モバイルバッテリーに芝があしらわれているくらいでしょう?」と、少しなめてかかっていたところがあったのですが、スミマセン。

徹底して芝でした。

TAGPLATE Shibaful 4

こちらは「TAGPLATE Shibaful」の特徴でもある、タグのようなLightningケーブルです。これがあることで、モバイルバッテリーさえ持ち歩けば、Lightningケーブルは持ち歩く必要がなくなるのです。

「TAGPLATE Shibaful」の使い勝手は?

「Lightningケーブルくらい持ち歩きなさいよ」と、これまた高をくくっていたのですが、実際に使いはじめてみるとこれが便利。特に、電車で移動している時には具合が良いのです。

多少、車内が混雑していると、バッグの中からモバイルバッテリーと充電ケーブルを取り出すのに難儀するのは、みなさんもご理解ただけるでしょう。

それが「TAGPLATE Shibaful」だったら、モバイルバッテリー本体を取り出すだけで良いのですよ。ケーブル付きだから。

でね、これもけっこう重要なポイントなんですけど、ごちゃっとしたカバンの中から「TAGPLATE Shibaful」を取り出す時にも、この芝の手触りですぐに分かるのです。

見た目のアピールだけでなく、実は実用性も芝で向上していたなんて!

TAGPLATE Shibaful 5

タグの長さがちょうど良いので、iPhoneを充電しながら片手でモバイルバッテリーごと持っても、ケーブルがダブつく感じがありません。

そして、この手触り。触覚から訴えてくるモバイルバッテリーって、これまでにあったでしょうか。つるっと滑るわけでもなく、ほどよいグリップ感。芝が良い感じなんです。

良いポイントをまとめると

TAGPLATE Shibaful 6

付属する充電用microUSBケーブルは断線を抑えるためにファブリックで強化されています。他にもLightning端子を収納することで金属部分を隠せるといったメリットもあります。

ということで、実際に2週間ほど使ってみて良かったポイントをまとめておきます。

TAGPLATE Shibaful 7

・緑が目に優しい
・Lightningケーブルのタブ(ダブつかない)
・芝の手触り(滑らない、取り出しやすい)

モバイルバッテリーとしての基本性能を満たしつつ、五感に訴えてくるのが「TAGPLATE Shibaful」なのだな、と実感しました。

バッテリー容量は6,000mAhとなっています。ぼくはiPhone 7 Plusで使いましたが、1回半〜2回弱くらいの充電ができるかな、という印象でした。

それにしても、これほどスタジアム映えするモバイルバッテリーは他にはないのでは!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

岡村孝子、急性白血病で休養と発表

次へ

【バニラエア】国内線が980円から!わくわくバニラ「3日連続タイムセール!」