Smartphone holder 4021

iPhoneをはじめとして、スマートフォンをカーナビ代わりにしている人は多いでしょう。クルマを運転する時のスマートフォンはどこに置いていますか? 見やすい位置にiPhoneを設置したいもの。

ずっと吸盤タイプのものを使用していましたが、困るのが夏場。暑さでポロリと剥がれ落ちてしまうのです。ダッシュボードがエンボス加工されているので、空気の膨張などで仕方ないと思いつつも、ナントカならないかなー、とずっと思っていました。

それがついに問題解決。ドリンクホルダー固定型の車載ホルダーを年末に入手したら、これがいい感じです。長らく懸案だった、iPhone(スマートフォン)の車載ホルダー問題が解決しました!

ドリンクホルダー固定型のスマホ車載ホルダー

何か解決方法があるはずと思っていたのですが、ドリンクホルダーを使用する方法があったとは。ぼくが購入したのは、サンワサプライのものです。

Smartphone holder 4022

本体下部をスボッとドリンクホルダーに入れ、スマートフォンを取り付けるホルダー部分は自由に可動するというもの。スマートフォンは縦位置でも横位置でも使えます。

Smartphone holder 4052

実際にクルマに取り付けるとこんな感じになります。車種はホンダのフリードです。フリードは中央にもドリンクホルダーがあり、運転手はそこに手が届くので、この位置のドリンクホルダーを使ってしまっても問題ありません。

Smartphone holder 4054

グイッとドリンクホルダーから伸びる、スマートフォン車載ホルダー。ドリンクホルダーには、ただ単に挿しているだけではありません。

Smartphone holder 4055

このようにダイヤルを回転させることで、本体下部のパーツが膨らみ、ドリンクホルダーへの固定が強まります。ただし、完全にガッチリと固定される感じではないので、滑り止めなどを付けるとより良いのかもしれません。無理に動かしたりしなければ外れることはありませんが。

Smartphone holder 4053

スマートフォンを取り付けたら左右からパーツで挟めばOKです。取り外す時は、ホルダーの下部にるボタンを左右から押すと開きます。iPhone 7 Plusでもサイズは問題ありません。

Smartphone holder 4060

実際にiPhoneを取り付けているところ。ダッシュボードに取り付けるより手元に近くなるので、見やすく操作もしやすいです。

Smartphone holder 4061

多少の厚みのあるiPhoneケースを取り付けていても大丈夫でしょう。

Smartphone holder 4062

送風口を塞ぐこともありませんでした。

ドリンクホルダー固定型のスマホ車載ホルダーの感想

ようやく、スマートフォン車載ホルダー問題から解き放たれました。ささいなことなんですけど、クルマのドアを開ける度にスマートフォン車載ホルダーが足元に落ちているとガッカリするんですよね‥‥今度こそ、今度こそと、いくつ購入したことか。

今回、ぼくが購入したのは「SANWA SUPPLY CAR-HLD4BK ドリンクホルダー固定型車載ホルダー」というモデルです。Amazonだと66%オフの1,296円なので、価格も非常に手頃です。

2009年発売の製品ですが、iPhone 7 Plusでも問題なく使えています(横幅35~105mmに対応)。

同じような悩みを抱えていた人にはオススメです!