Protect 0092

海でちょっと素潜りした時とかに子供たちの様子を写真に撮れたらいいな、なんていう気持ちで購入した「iPhone 5」用防水ケース「V-Lock3(IPWP5VWH/IPWP5VLK)」が届いたので試してみました!

購入時の話は、iPhone 5用防水ケース「V-Lock3」という記事で書いています。最初はデジカメ用の防水ケースを探したのですが、あまりにも高価だったのでiPhone用にした次第です。

iPhone 5用防水ケース「V-Lock3」開封の儀

Protect 0093

届いたパッケージには、スポーツのイラストが多数、描かれていました。

Protect 0095

今年は風の強い日が多く、砂や埃も気になるので、アウトドア派にはオススメのケースだと思いましたよ。

Protect 0094

カメラ、通話など、基本的な操作は防水ケースを装着したままで行なえます。

Protect 0096

開封。

Protect 0101

これが本体です。iPhoneより一回り大きいくらいですかね。

Protect 0102

音量スイッチ部分。

Protect 0103

スリープボタン部分。

Protect 0104

ボタン類のない側面はスッキリと。

Protect 0105

本体底部。ここはコネクタがある訳ですが、キャップでの防水となります。ちょっとここだけ心配になりそうですが。

iPhone 5用防水ケースをiPhoneに装着

Protect 4556

それでは、防水ケースを「iPhone 5」に装着してみます。

Protect 4557

ネジを10円玉で回転しロックを解除、ケースを開けます。

Protect 4558

ケースを開いたところです。

Protect 4559

とりあえず「iPhone 5」を入れてみたところ。

ケースを閉じ、10円玉でロックします。

Protect 4560

正面。タッチ部分は、ややペナリとした触り心地です。

Protect 4561

裏面。きちんとロックされているか、改めて確認しましょう。

Protect 4562

iPhoneが入っている状態での音量スイッチです。

Protect 4564

iPhoneが入っている状態でのスリープボタンです。

Protect 4563

ホームボタンです。

気になるコネクタ部分を確認します。

Protect 4566

装着した状態でも充電・同期ができるよう、カバーが外れるようになっています。外すのには、やや力を入れる必要があります。

Protect 4568

カバーは意外に長さがあり、蛇腹になっているので、あまり細かいことは気にしないで思い切って使った方がいいな‥‥と思いました。

iPhone 5用防水ケースを水でテストしてみる!

それでは、実際に水に濡らすテストをしてみます。

Protect 4569

この状態で使用できるか、動作チェックなどしますが、ホームボタンが機能、さらにロック解除も問題ありませんでした。

Protect 4570

音量スイッチも問題ありません。画面も普通にタッチ操作ができています。

それでは‥‥‥

Protect 4571

ザバー!

Protect 4572

ザババー!

Protect 4573

ほら、全く濡れてない!

ということで、とりあえず水をかける程度なら全く問題ないことが分かりました。

いちおう、スペック的には水深1mに30分間放置しても大丈夫ということになっています。ちょっとした素潜りやプールで撮影するなら、十分です。

近く、水中でも試してみる予定です!

サンコ- iPhone5専用防水ケース V-Lock3 ホワイト IPWP5VWH
by カエレバ
サンコ- iPhone5専用防水ケース V-Lock3 ブラック IPWP5VLK
by カエレバ