スポンサードリンク

「iPhone 8」の改訂版が2020年3月に投入か?

スポンサードリンク

「iPhone 8」の改訂版が2020年3月に投入か?

Pegatron to land revised iPhone 8 orders, says reportという記事によると、台湾の新聞が2020年3月に「iPhone 8」の改訂版が投入されると伝えているようです。

Pegatron is likely to land orders for a 4.7-inch revised version of iPhone 8 which Apple is expected to launch in March 2020, according to a Chinese-language Economic Daily News (EDN) report.

スポンサードリンク

引き続き「iPhone 8」が販売される予定あり‥‥ということですね。

改定される「iPhone 8」は引き続き4.7インチLCDディスプレイを搭載し、A13プロセッサ、内蔵128GBメモリとなるようです。

価格は$649だと伝えられていますが、日本円だと72,700円くらい。ミドルレンジの価格帯となります。

「iPhone XE」iPhone SE後継モデルとして4.8インチOLED&A12 Bionic搭載で2019秋にリリースか?という記事も書きましたが、最新機種よりも安い価格帯のiPhoneの方が気になってしまいますね。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「メルペイ」 サービス開始から63日間で登録者数が100万人突破

次へ

「macOS 10.15」iPadをMacのサブディスプレイにする“Sidecar”