2016 02 03 1227

むしろ、なぜカメラ部分が飛び出したまま発売したんだと小一時間問い詰めたいくらいですが、ようやく「iPhone 7」では、カメラ部分の出っ張りがなくなるようです。これに関しては進化ではなく正常化ですね。First Details on iPhone 7 Design: Flush Rear Camera, No Antenna Bands Across the Back - Mac Rumorsという記事になっています。

The first involves the rear camera, which protrudes slightly on the iPhone 6 and 6s. On the iPhone 7, the camera is said to sit flush with the rear casing, enabled by a thinner camera module.

カメラユニットが薄くなったことで、iPhone 6/6sのようなカメラの出っ張りはなくなる、と。あの出っ張りのためにケースに入れているという人もいることでしょう。

また、最近では「iPhone 7 Plus」のリアカメラはデュアルになる、より高精細になるという噂もありました。さらには光学ズーム2〜3倍も。「iPhone 7 Plus」デュアルカメラシステムを採用、2〜3倍の光学ズームも可能にという記事を書いています。

背面のアンテナラインは、上下に移動するようです。幾分、デザインはよくなりますね。