2016 12 01 1640

突然のシャットダウンは「iPhone 6s」だけではないのでは‥‥というは話も出てきたところですが、Appleが「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」の提供を開始しました。これは「iPhone 6s」のシリアルナンバーを入力することで、対象製品かどうか確認するというものです。

ごく一部の iPhone 6s が突然シャットダウンする (電源がオフになる) 場合があることが判明しました。これは安全性に関わる問題ではありません。この問題の影響が確認されているのは、2015 年 9 月から 10 月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6s のみです。

シリアルナンバーを入力することで、手元の「iPhone 6s」が問題の対象製品かどうか分かります。適用対象である場合は、その「iPhone 6s」のバッテリーは無償で交換されます。

注:画面のひび割れなど、バッテリーの交換に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります (場合によっては別途修理料金がかかることがあります)。

ひび割れててもいいのに‥‥という人もいるかもしれませんが、こちらを修理してからでないと、無償交換とはならないようですので注意してください。

(via リンクマン