2015 04 09 1620

iPhone 6/6 Plusがキャリアアップデートし、VoLTEに対応しました。VoLTEはVoice over LTEの略で、LTE回線による音声通話サービスです。これまではネットはLTE、通話は3Gと分かれていた訳ですね。

VoLTE(ボルテ)とはによると、メリットとして次のように説明されています。

従来の音声ではカットされていた高音域の音声成分を含むため、音がこもらずクリアで聞き取りやすい通話を実現します。

お互いにVoLTEに対応している際に、通話が可能です。キャリアからすると、ユーザーがLTE回線に移行すれば3Gを停波することができる、なんていう考えもあったりするのでしょうか。いずれ回線はLTEに移行していくのでしょうが。

VoLTEを利用するには、申し込みや端末での設定が必要とのことです。ソフトバンク「iPhone 6 / 6 Plus」で「VoLTE」を使う方法 | Linkmanau版iPhone 6、VoLTEオンで通信はLTEのみに - ケータイ Watchで説明されています。

auのiPhoneを使っている人は注意が必要です。

au版iPhone 6において、VoLTEをオンにした状態では、3Gの音声通話およびデータ通信機能が無効になり、音声通話、データ通信ともにau 4G LTEのみを利用する形になる。

LTEエリアであれば問題ないですが、3Gエリアで使用できなくなります。一方で、通話をしながらデータ通信も同時に行えるようになるメリットもあります。