スポンサードリンク

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー!8つのメリットとは?

スポンサードリンク

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー!8つのメリットとは?

iPhone 7 Plusから「iPhone 11 Pro Max」に機種変更し、ゴリゴリと使い始めてから約10日間が経過しました。この10日間ほどで感じたことを、極私的にレビューとして書き記しておこうと思います。

ひと言で書くなら「機種変更して超良かった」と思っています。毎年、機種変更しているような人だとあまり感じられないかもしれませんが、iPhone 7からだとキビキビした動作など、かなり進化を感じられます。

少し古めの機種を使っている人ならば「iPhone 11」を購入しても後悔はないのではないかな、と思いますよ。

スポンサードリンク

「iPhone 11 Pro Max」を使い始めてからの感想

感想ツイートもしていたので、それも振り返りつつ約10日間の感想をまとめておこうと思います。

1. 動作がサクサクである

iPhone 7 Plusから8/X、XS/XRと2世代をすっ飛ばしての機種変更なので、動作が高速になっているのはもちろんなのですが、それにしてもあまりにもサクサクと使えるので驚きました。

振り返ると、少しだけ使った紛失したiPhone Xを使っていたときには(iPhone 7 Plus → iPhone X)、当たり前ですがこんなにサクサク感は感じられませんでした。

このサクサク感もすぐに慣れると思ったんですよ数日もすれば。それが10日間ほど経過した今になっても「ああ、動作が速いなぁ‥‥」とうっとりできるのです。どうしましょ。

メモリも増えて、アプリの切り替え時にリロードしてしまうことも減りました。特にコンビニで動作サクサクを感じています。

もうね、コンビニでレジに並ぶときに「LINE Payが起動しない!」とか「LINEマイカードが開けない!」とかなくなりましたよ。スマホ決済も快適になりました。

2. 音が良くなった

消音スイッチがオフになっていて、たまたま鳴った音に驚きました。「スピーカーの音が良くなっている‥‥」と。

これに関しては他にツイートしている人がいましたが、メッセンジャーなどの通知音が心地良くて、しばらく音をオンにしていたくらいです。さすがにうるさくなってオフにしていますが。

3. 空き容量が増えた

これはどのくらいの人がどのくらい恩恵を受けられるのか分かりませんが、ぼくは25GBほど空き容量が増えました。

もともとiPhone 7 Plus 256GBを使っていた時にも数GB程度の空きしかなく、機種変更するにあたって512GBにするか256GBにするか悩んだのです。

不要な写真や動画をGoogleフォトにバックアップして削除することで10GB程度の空きを作り「iPhone 11 Pro Max 256GB」へと機種変更したところ、さらに25GBくらい空き容量が増えていることに気づきました!

長期間使用していないアプリがいくつかダウンロードされなかったといったこともありましたが、それだけではこんなに空き容量はできません。

システム系の不明ファイルがやたらとあったので、うまくクリーンアップされたのかな、と思っています。このあたり、定期的に削除できるようになるといいなぁ。

4. Face IDが超快適

ずっとTouch ID派でした。ポケットの中で触ってロックが解除できるの便利でしょ、と。でも、世代を重ねたFace IDは認めざるを得ません。高速で快適すぎる!

デスクではMacBookに並ぶようにスタンドで「iPhone 11 Pro Max」を置いていますが、プッシュ通知が届いた瞬間に視線を送ると、スッとFace IDが認証して通知内容がスッと表示されます。これ、超気持ちいいです!

ある程度、iPhone本体と正対していないとFace IDが効きにくいというのはありますが、何かしようと顔の前に持ってくれば、その瞬間にFace IDは解除します。あとはスッと画面を下から上にスワイプすればホーム画面です。

この「視線を送ってFace ID高速解除」ってところに、個人的にはすごく未来を感じています。

Face IDで最も気になっていたのは、実はクルマの運転中です。ハンドルの右側のスマホホルダーにiPhoneを置いているのですが、顔を少し移動したりしないとFace IDが機能しないのではないか、と。

杞憂でした。画面をトンとタップして視線をスッと送るとスッとFace IDで高速解除です。むしろTouch ID時代が時間がかかったなと思えるくらいです。

ぼくの環境では70cmくらいまで離れていても、Face IDは動いています。これはけっこう離れていても大丈夫なのです。

寝起きでFace IDが使えないことがしばしばあるのですが、Touch IDも指がふやけているのか使えないことがあったので、どっこいどっこいかな、と思います。むしろ薄暗い場所でもFace IDが使えて凄いなと思うことの方が多いです。

ということで、今のところFace IDで不便を感じたことはありません。

5. バッテリーの持ちが良い

バッテリーが80%くらいにヘタりかけていたiPhone 7 Plusと比べるのもアレなのですが、本当にバッテリーの持ちがよくなりました。タフです!

「iPhone 11 Pro Max」なのでよりバッテリーサイズも大きいのですが、それにしてもバッテリーの持ちの良さを実感しています。

以前はみっちり100%充電してからでないと外出するのが不安だったのですが「iPhone 11 Pro Max」は90%台でも平気で外出できるようになりました。

「iPhone 11 Pro Max」は本体サイズも大きいわけですが、それも慣れました。ただし、片手で使うにはバンカーリングのようなものは必須だと思います。

6. WiFi電波が入りやすくなった

寝室がWiFiの電波が届きにくく、WiFi中継機を購入してなんとかiPhone 7 Plusでも大丈夫になっていたのですが、これが「iPhone 11 Pro Max」にしたら普通にWiFi電波を掴むようになりました!

iPhone Xでも改善していたのですが「iPhone 11 Pro Max」は完璧です。ガッチリとWiFiに繋がっています。ある程度は改善するだろうとは思っていたのですが、まさかここまでとは思いませんでした。

7. eSIMが使える

現時点ではまだ試していないですが、2枚目のSIMとしてeSIMが使えるようになったのは面白い点です。

世界190カ国以上でローミングが利用できる「GigSky(ギグスカイ)」iPhoneのeSIMに対応という記事でも書いたように、アプリからeSIMを契約することができるようになっています。

日本国内でも、IIJmioがiPhone XS/XRで使える6GB/1,520円の「eSIM」サービス開始しています。

8. 広角カメラが良い

ネットに大量のiPhone 11のカメラレビューが書かれていますので、改めてぼくがオススメするものでもないとは思いますが、やはり超広角レンズは面白いです。

個人的に写真で大事なのは構図だと思っていて、これはセンスというか、上手い人は機材を問わずにいい写真が撮れるのですが、iPhone 11で搭載された超広角レンズは、誰にでも興味深い写真を撮るチャンスを提供しているのでは、と思っています。

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 1

ワイドに撮れると、臨場感もアップするのですよね!

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 2

0.5x

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 3

1.0x

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 4

2.0x

iPhone 7 Plusと比べて、写真のクオリティも格段に進化していると思います。

感想まとめ

ということで、現時点でiPhone 7やiPhone 6を使用している人は、iPhone 11に機種変更する理由は大いにあるのではないかと思います。

目新しい機能が搭載されなくなって久しいiPhoneですが、iPhone 11は超広角レンズだけでなく、スマートフォンとしての使い勝手も全体的に底上げされていると思います。とてもキビキビとして使いやすいです。

iPhone 19年生産を1割上方修正 新型3機種好調という記事もあり「iPhone 11」は売れているようですね。

関係者によると特に「11」が大幅な増産の対象となり、液晶パネルを供給するメーカーなどに恩恵が出そうだ。「11Pro」の生産も小幅に増やすが、価格の高い「11ProMax」はほぼ予定通りに据え置く。全体の数量は当初、18年発売の3機種より少ないと見込んでいたが、アップルの通達を受け、やや上回るペースになりそうだという。

日本人にとっては、XS/XRよりも11という型番は分かりやすいのでは、とも思います。

来年に「iPhone SE」の後継機がリリースされそうですが、とにかく安いものが良いということでなければ「iPhone 11」シリーズはオススメだと思います!

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 5

横に並べるだけなので機種変更も簡単です!

液晶保護ガラスフィルムとiPhoneケース

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 6

現在、Deff(ディーフ)のiPhoneケースと液晶保護ガラスフィルムをモニターさせて頂いています。

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 7

試してびっくり、なんなのでしょうか、この軽さ。

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 8

極薄0.7mm、重さ約12gって、ほとんど何もつけてないようにすら感じます。手触りはツルツルもっちり。赤ちゃんの肌のような触り心地です。アラミド繊維素材だそう。

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 9

カメラ保護用のフレームがあるのも、安心してiPhoneをテーブルに置きやすいです。

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 10

「BUMPER GLASS(バンパーガラス)」という液晶保護ガラスフィルムにもフレームがあります。これがあるおかげで、ディスプレイ面を下に向けて置いても安心です。ガラスは9H以上の硬度を誇ります。

極私的「iPhone 11 Pro Max」レビュー 11

「Ultra Slim & Light Case DURO(デューロ)」と「BUMPER GLASS(バンパーガラス)」をセットで装着しているところです。この一体感。指の滑りも良いです。

それにしてもこの軽さとツルツルもちもちの手触り‥‥初めて「Deff(ディーフ)」のiPhoneケースを試しているのですが、ファンがいるのも頷けます。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

Googleロゴ「教師の日」に

次へ

ネタリスト(2019/10/06 08:00)「自ら神のごとき口コミに迷惑」居酒屋が「食べログユーザー」を出禁に