スポンサードリンク

「iPhone 11 Pro/Pro Max」気になった記事まとめ

スポンサードリンク

「iPhone 11 Pro/Pro Max」気になった記事まとめ

あまり大きな革新がないと不評な意見も多く聞く「iPhone 11 Pro/Pro Max」ですが、個人的にはGoogle Pixel 3を横目に、とにかくカメラがなんとかならないかと思っていたので、今回のトリプルレンズアップデートというのは、超好意的に受け止めています。

スポンサードリンク

見た目として不評のトリプルレンズも、ボトムズ世代にはどストレートで、さらに謎に「ミッドナイトグリーン」なんていうカラーも追加されているとなったら、これはもう買わない理由がなくなってしまった、と思っています。

派手ではないですが、バッテリーの持ちが数時間レベルで改善しているというのも凄いですよね。

ということで、すっかり「iPhone 11 Pro/Pro Max」を購入するつもりでおり、そんな気分で色々な記事を楽しく読んでいます。その中から興味深いもの、気になったものをピックアップしておきます!

「iPhone 11 Pro/Pro Max」発表。初めて『Pro』を冠したiPhone - Engadget 日本版

カメラアプリ「Filmic Pro」の新バージョンでは、iPhone 11 Proの4つのカメラで同時に映像撮影を行うことも可能です。

新カメラとSuper Retinaディスプレイが支配的なiPhone 11 Pro | TechCrunch Japan

Deep Fusionでは、9枚の写真を使用する。iPhone本体に内蔵された機械学習によって最適なピクセルを選択し、画像ノイズを大幅に軽減した、極めて高画質の写真が得られる。

3眼カメラの「iPhone 11 Pro」、スマホの"プロ仕様"ってこういうことか! | &GP

3つのカメラの切り替えは意識的に行う必要はなく、シームレスにズームイン・ズームアウト操作を行うだけでOK。異なるカメラモジュールで撮影した写真も統一した見た目と色味に調整されるのが特徴です。

新iPhoneの心臓部「A13 Bionic」はなにがスゴイのか(西田宗千佳) - Engadget 日本版

A13 Bionicは、高性能な処理に使う「高性能」CPU(2コア)と、消費電力が低く性能が求められない処理に使う「高効率」CPU(4コア)を組み合わせて動いている。このうち「消費電力重視」のコアでもっと色々なことができるように改良したため、そもそも、iOS全体の処理による消費電力が減っている。

言葉では伝わらない新iPhone 11とApple Watchのすごさの本質 (1/4) - ITmedia PC USER

コインでこすった傷が消え、元通りのiPhone 11 Proの背面が浮かび上がった。傷に見えたのは、iPhone 11 Proの背面の起伏で削られた1セント硬貨で、iPhoneそのものは無傷だったのだ。

iPhone 11はUWB通信でAirDropが高速に「Apple Tag」の前兆か | TechCrunch Japan

U1チップとiOS 13を使うと、iPhone 11を誰かのiPhoneに向けるとAirDropは受信可能者リストの中でそのiPhoneを優先する。その結果、処理スピードの向上が見込まれる。

UWBを搭載したiPhone 11はセカイカメラの夢を見るか? - ITmedia NEWS

UWBは低消費電力ながら到達距離が100から200メートルと長く、誤差数10センチという正確な屋内測位を可能とする技術だ。レンジはBluetoothの限界である数十メートルをはるかに超える。

「Pro」が登場した新型iPhoneはどれが買いか | スマホ・ガジェット | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

これまでの広角カメラを使う場合も超広角カメラが起動しており、写真のフレームの外側もプレビュー画面に含めてくれる。そのため、写真の構図を作る際に、縦長の写真なら上下、横長の写真なら左右で、入りきらないが含めるべき被写体を見つけることができるようになる。

2台・3台分の役割を果たすiPhone 11 Proのカメラ、触って分かったその「変態的」魅力 (1/2) - ITmedia NEWS

さらに2つのカメラを同時に別クリップとして録画することができる。例えば、iPhone 11 Proをはさみインタビューを行えば、2人の様子を1台で、2アングル同時に録画できるということだ。

触ってわかった新型iPhoneの進化。著しく向上したカメラの画質と使いやすさ(本田雅一) - 個人 - Yahoo!ニュース

「写真のフレームの外側を含めて撮影」というオプションを選択しておくと、超広角カメラで捕らえておいたフレーム外の画像情報も同時記録。iPhone内で傾き補正をしたり、あるいは見切れてしまっていた像をあとから取り戻すなど、撮影後の編集で超広角画像のデータを活用できる。

「iPhone 11 Pro/Pro Max」3つのカメラに込められたアップルの工夫 - ケータイ Watch

広角で撮影した際、実はiPhoneは超広角でも同時に撮影しており、その画像を30日間、キープしているという。これにより、「昨日、撮影した風景、やっぱり超広角で撮っておけばよかった」と後悔することがない。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2019/09/12 06:00)米、電子たばこ禁止へ

次へ

ヤフー、TOBでZOZO買収へ 〜前沢社長は退任