Folio mini 9621

「iPad mini」向けのBluetoothキーワードが増えてきましたが、新顔の二つ折りキーボード「ロジクール キーボード フォリオ ミニ(Keyboard Folio mini)(TM720)」をお借りすることができたので、ファーストインプレッションをお届けします!

ネタフルでは、iPad mini用二つ折りキーボード「ロジクール キーボード フォリオ ミニ(TM720)」キーボードとしてもケースとしても便利そう!という記事を書いて紹介していました。

「ロジクール キーボード フォリオ ミニ(TM720)」開封の儀

まずは開封の儀から。

Folio mini 9604

お借りするモデルの色を選ばせて頂いたのですが「サンフラワーイエロー」もいいなと思ったのですが「iPad mini」がホワイトのため「エレクトリックブルー」にしてみました。

「iPad mini」本体がブラックモデルなら、絶対に「サンフラワーイエロー」が映えると思いますよ!

Folio mini 9606

パッケージの裏です。

Folio mini 9607

Folioというのは二つ折りという意味です。キーボードとケースと「iPad mini」が一体化し、二つ折りにできるのが「ロジクール キーボード フォリオ ミニ(Keyboard Folio mini)」の特長です。

Folio mini 9608

パッケージを開けると、目にも鮮やかなブルーが! 常に持ち歩きする製品というのは、カラーバリエーションが大事だな、と改めて思いました。

Folio mini 9609

材質は布のようになっていますから、ブックカバーをした本、みたいな形状と手触りです。

Folio mini 9610

ガッチリと「iPad mini」を包み込むため、意外に厚みがあります。

Folio mini 9611

ペロンとタグが出ているのがカワイイです。

Folio mini 9612

反対側から見たところです。

Folio mini 9613

背表紙にあたる部分ですが、システム手帳のような風情ですね。

Folio mini 9614

パカッと開いたところ。手前はタイプに定評のあるロジクールのキーボードです。奥の白いところに「iPad mini」をはめ込みます。

Folio mini 9615

シリコン素材というのでしょうか、少し柔らかめの素材ですので、無理なくはめこむことができます。

Folio mini 9616

カチッとタイプしやすいキーボードです。この造りはさすがのロジクールですね。

「ロジクール キーボード フォリオ ミニ(TM720)」iPad miniに装着してみる

Folio mini 9617

「iPad mini」に装着し、開いたところです。ただし、このスタイルで使うことはあまりないかもしれません。

Folio mini 9618

厚みがある分、ガッチリと「iPad mini」がホールドされています。これなら「iPad mini」が落ちるということもないでしょう。

Folio mini 9619

カメラの穴がありますので、撮影も大丈夫です。

Folio mini 9620

ボリュームボタンは、やや奥まっています。

Folio mini 9621

キーボード入力時のスタイルです。横に置いてある状態から、開いて立てる、という流れになります。

なお「iPad mini」が入っている部分はキーボードとは磁石でホールドされますので、カチッとハマります。

Folio mini 9623

横から見たところです。「く」になっている部分で、丁度良い角度になっているのですね。

Folio mini 9624

背面からの写真ですが、まさかこの向こう側に「iPad mini」とキーボードがあるとは思いませんね。

Folio mini 9626

スピーカーやDock部分も隠れることはありません。

Folio mini 9627

ノートPCほどの一体感とまでは言えないかもしれませんが、きちんと繋がっている感はあります。ケースとキーボードが一体化しているので、開いて立てる、のアクションがスムーズなのが良いです。

Folio mini 9628

全てが一体化しているメリットは、このキーボードを使わない状態で実感できます。これまで試したケースだと、この状態では「iPad mini」と取り外す必要がありました。

Folio mini 9629

下に置いていると厚みが気になるかもしれませんが、手に持っている限りは傾きは気になりません。

Folio mini 9630

デスクやテーブルに置いて横にして使っている時は、むしろこの傾きが見やすくて良かったりして?

Folio mini 9632

スイッチ類はキーボードの右側に集まっています。充電用のUSB、電源です。

Folio mini 9634

キーボードの電源を入れ「iPad mini」の「設定」からBlutoothを開き、ペアリングを設定しますが、難しくありません。

「ロジクール キーボード フォリオ ミニ(TM720)」ファーストインプレッション

初めて「iPad mini」に装着した時の感想は「意外に重量感があるな」というものでした。

これまでに使ったBluetoothキーボードと比較すると実際に重いのですが、手にしたサイズも厚みがあり大きいのも重量感を感じさせるかもしれません。

ちなみに、同じロジクールの「Ultrathin Keyboard mini」は208gです。「Keyboard Folio mini」は395gです。この重量をどう考えるか、ですね。

「iPad mini」本体が308gですので、合計すると約700gです。参考までに「iPad」は652gです。

Folio mini 9638

電子書籍を読もうと思うと、確かに重量感を感じます。

Folio mini 9636

ケースを閉じた状態から、キーボードで入力する状態に至るまでのスムーズさは秀逸です。

ガッチリと「iPad mini」がケースにホールド&保護されるので、万が一の落下にも他製品より強いと思います。ただし、その分、やや重くなっているのですが。

とにかく軽いキーボードが良いのか、ノートPCのように使えるスタイルが良いのか、はたまた「Keyboard Folio mini」のように多少重くてもケースとしての安心感、利便性を優先するのか。

普段、どのように「iPad mini」を持ち運び、使っているのか、に応じて選べるくらいに、Bluetoothキーボードが増えてきたのは喜ばしいことです。

普段からガシガシと持ち歩き、キーボードでの入力が多い人であれば、ケースしての安心感も高く、キーボード入力スタイルへの移行もスムーズな「ロジクール キーボード フォリオ ミニ(Keyboard Folio mini)」がオススメです!

LOGICOOL キーボードフォリオミニ サンフラワーイエロー TM720SY
by カエレバ
LOGICOOL キーボードフォリオミニ ミスティックブルー TM720MB
by カエレバ
LOGICOOL キーボードフォリオミニ エレクトリックブルー TM720EB
by カエレバ

ネタフルでは次のような記事も書いています。「iPad mini」用キーボードの比較検討のお役に立てば幸いです!

iPad mini用薄型軽量キーボード「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」ファーストインプレッション

iPad miniをノートPCにしてしまうキーボード「Mini Suit」の結論:しょぼかわいい!