Logicool ipadmini 9580

本日、ロジクールからiPad mini用の薄型軽量Bluetoothキーボード「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」が日本国内向けに発表されました。いち早くお借りすることができたので、ファーストインプレッションをお届けします!

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」とは?

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」は、重量が208gのiPad mini用キーボードです。iPad miniというBluetoothで接続します。

カバー、スタンド、キーボードを兼ね備えた製品となっており、色はブラックとホワイトの2色がラインナップされています。ロジクールオンラインストアでの価格は8,980円です。

キーピッチは16mm、キーストロークは1.5mm、フル充電に必要な時間は6時間、電池寿命は約3ヶ月となっています。

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」開封の儀

何はともあれ、パッケージを開封します。

Logicool ipadmini 9505

テープを剥がし、横の紐を引くと、キーボードがスッと現れます。

Logicool ipadmini 9506

お借りしているのはホワイトモデルですが、その上質な雰囲気にドキドキします!

Logicool ipadmini 9507

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」本体にかぶせられている、フィルムを剥がします。

Logicool ipadmini 9508

う、美しい!

造りも非常にしっかりしているように見えます。Apple製品に通じる上質さを感じますね。

Logicool ipadmini 9512

背面はiPad miniと同様の素材でしょうかね。ひんやりとした手触りがよく、iPad miniとの一体感もより醸し出されます。

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」細部を見る

Logicool ipadmini 9571

よくぞこのサイズに収まっているな、という感じで、キーはすっきりとまとめられています。

Logicool ipadmini 9572

iPad miniを挿す溝です。磁石があるので、カチッとはまります。iPad mini本体を持ち上げても「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」が一緒についてきます。

Logicool ipadmini 9573

裏返ったiPad miniにも見える本体裏側。こだわりを感じます。

Logicool ipadmini 9574

キーボード右上には、電源とBluetoothのランプがあります。

Logicool ipadmini 9575

特徴的なのは、Caps lockキーがなく、Aと一緒になっているところです。このあたりは慣れと好みでしょうかね。左上にはホームボタンがあります。

Fnキーと組み合わせて使用する、各機能のショートカットもあります。

Logicool ipadmini 9576

小さいスペースにキーを詰め込むため、見慣れない配列になっているところもありますが、この手の製品には、慣れも求められると思います。

Logicool ipadmini 9577

キーボードとして特徴的な機能は、左右のカーソルキーにもありました。Fnキーと組み合わせることで、単語単位での文字選択が可能です。

Logicool ipadmini 9578

⌘キーとの組み合わせで、カット、コピー、ペースト(貼り付け)が可能です。また、日本語入力と英語入力の切り替えは、⌘+スペースキーで出来ます。

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」とiPad mini

Logicool ipadmini 9579

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」にiPad miniを組み合わせてみます。

Logicool ipadmini 9581

個人的には「カンナ型」と呼んでいるタイプのキーボードとなります。

Logicool ipadmini 9582

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」にiPad miniを立てると磁石で固定されます。

iPad miniを持ち上げると「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」もくっついているくらいの磁力の強さです。

Logicool ipadmini 9583

カバーとして使用する場合は、本体上部の接合部に、やはり磁石で固定します。

Logicool ipadmini 9584

閉じたところ。電源とBluetoothのスイッチがあります。

Logicool ipadmini 9585

クオリティ、デザイン的にも非常に一体感があると思います。

Logicool ipadmini 9586

カバー状態ではiPad mini本体を傾けて使用することはできません(裏に何か置けば大丈夫ですが)。

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」の使用感は?

まだ丸一日も使えていないので迂闊なことは書けませんが、キーボードのクオリティは同種の製品と比較しても非常に上質だと思います。ロジクールの安定感とでも言えば良いのでしょうか。

このサイズに収めるために、Caps lockがないことも含めて、ややキーの配置が左寄りなところはあるのですが、慣れるかと思います。

しっかりした打鍵感も良いです。「パキパキ」という感じの感触です。フニャフニャしてないですし、入力していてとても気持ちが良いです。

もちろん、各種ショートカットキーが使えたり、ホームボタンがあるのも、iPad mini用キーボードとしては便利です。

これからiPad mini用キーボードの購入を検討している人で、キーボードのクオリティを重視する人は、真っ先に選択肢の一つに加えると良いのではないでしょうか!

「ロジクール ウルトラスリム キーボード ミニ」の日本発売を待っていた人も多いでしょうね。

製品は2013年4月24日より発売開始で、価格はロジクールオンラインストアで8,980円です。

【送料無料】 【04/24発売予定】 Logicool TM710BK Ultrathin Keyboard mini (ウルトラスリムキーボード ミニ/Bluetooth/英語60キー/パンタグラフ/ブラック)
by カエレバ
【送料無料】 【04/24発売予定】 Logicool TM710WH Ultrathin Keyboard mini (ウルトラスリムキーボード ミニ/Bluetooth/英語60キー/パンタグラフ/ホワイト)
by カエレバ