スポンサードリンク

「iPad(6th generation)」ベンチマークテストによると性能はiPhone 7と同等

スポンサードリンク

Macお宝鑑定団が実施した新しいiPadの「iPad(6th generation)」のベンチマークテストの結果が公開されています。iPad (6th generation) ベンチマークレポートという記事です。

Appleの新型iPad「iPad (6th generation)」のベンチマークを「Geekbench」を使って計測してみました。

スポンサードリンク

その結果によると「iPad (5th generation)」よりもシングルコア、マルチコアでともに約1.3倍速く、これはiPhone 7、iPhone 7 Plusと同等の性能ということです。

とにかく最新版でないとイヤだという人は別ですが、普通の使い方をするのであればこのくらいの性能でも全く問題はないのでしょう。ぼくも今はiPhone 7 Plusを使っていますが、特に遅く感じるようなこともありません。

iPhoneでも安く購入できるモデルが人気ということですが、iPadでも同じようなことが言えるでしょうね。

iPad (6th generation)のA10 Fusionプロセッサ最大動作クロックは2.21GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様という記事でも「A10 Fusionプロセッサ最大動作クロックは2.21GHzと考えられ、iPhone 7に近い性能」とされています。

>>>>iPadをApple公式サイトでチェックする

スポンサードリンク

前へ

ライザップ、サンケイリビング新聞社を買収

次へ

奈良県生駒市、受動喫煙対策として「喫煙後45分間はエレベーターの利用を禁止」