2017 03 22 0955

Appleが、新しい9.7インチのiPadを発表しました。Retinaディスプレイを搭載し、A9チップを搭載した新しいモデルです。驚いたのは価格で、32GBのWiFiモデルが37,800円です。これは買い替え需要を掘り起こしそうな気がします。日本では2017年3月25日より予約の受付を開始します。

Swift Playgroundsを使ったコーディングの学習にも使えるということですが、日本語化されてさらにプログラミングに取り組む人も増えることでしょう。子供にも新しいiPadは良さそうですね!

Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ・シラーは次のようにコメントしています。

「iPadは世界で最も人気のあるタブレットです。お客様は9.7インチの大きなディスプレイを使って映画や写真を見たり、ウェブを閲覧したり、FaceTimeで会話をしたりするのが大好きですが、それが新たに、これまで以上にお手頃な価格で楽しめるようになりました。iPadを使うのが初めてのお客様も、旧モデルのアップグレードを検討しているお客様も、美しいRetinaディスプレイとパワフルなA9チップを搭載し、iPadのために設計された130万本以上のアプリケーションとともに、新しいiPadを家庭や学校、職場で愛用していただけること でしょう」

新しいiPadの重量は469gです。Touch IDを搭載し、ロックの解除やApp Storeでの購入の承認なども可能です。

新しいiPadは、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色で、価格は32GBのWi-Fiモデルが35,800円(税別)、32GBのWi-Fi+Cellularモデルが50,800円(税別)となります。128GBモデルはそれぞれ46,800(税別)円、61,800円(税別)となります。