第1話 「クラウド三種の神器」の巻という記事より。

このコラムは、iPadという新しいデバイスを使うと、どんなことができるのか、実際に仕事に活用するにはどんな手順が必要なのかについて、川口部長と一緒に学んでいきます。

ユーザ登録が必要な記事ですが、内容としては「いの一番にiPadを買って同僚に自慢した」もののどう使っていいか分からない川口部長に、部下の山本君がいろいろとアドバイスするという内容です。

・資料を印刷せずにiPadで見せる
・パソコンとDropboxで同期する
・資料を本体にダウンロードするにはGoodReader
・どこでもササッとメモを取るにはEvernote

こんな感じの使い方が紹介されています。

川口部長「ファイルのやり取りはDropbox、ファイルの管理はGoodReader、アイデアの整理はEvernoteってわけだ」

山本君「その3つのアプリは、『クラウド三種の神器』なんて呼ばれてるんです」

「クラウド三種の神器」という呼び方は初めて聞いたのですが、確かに「iPad」を仕事で活用するならば、ぜひインストールしておきたいソフトですね。

ちなみに、DropboxとGoodReaderの連携や、偶然ですが「クラウド三種の神器」を取り上げた記事はネタフルでも書いています。

「GoodReader」と「DropBox」と「i文庫HD」の連携が超便利そう[iPad]
ネタフル的インストールしておきたい「iPad」アプリ
Mashableによるインストールすべき「iPad」アプリ10本

ぜひ参考にしてください。

各アプリのダウンロードは以下よりどうぞ。

Evernoteicon(無料)
DropBoxicon(無料)
GoodReadericon(115円)
i文庫HDicon(700円)
FastFingaicon(230円)