ベスト電器、社内会議すべてiPadでという記事より。

ベスト電器は1日、資料の電子化を進める目的で、社内会議で米アップルの新型情報端末「iPad(アイパッド)」を導入すると発表した。全国的に品薄が続く中、約10台を確保し、今月から役員クラスの会議で使用する。

ベスト電器が、資料の電子化を目的として、社内会議に「iPad」を導入するそうです。

とりあえずは役員会議に導入するそうですが、台数が確保できれば全ての会議で「iPad」を導入する意向とのことです。

これまで、会議の出席者ごとに作成していた紙の資料に代えて、社内のサーバーコンピューターに作った資料データを出席者がアイパッドで閲覧する。

大幅なコスト削減になりそうです。「iPad」は、会議終了後に返却するそうです。

ベスト電器では「資料作成にかけていた手間とコストを省くことができる。資料の社外流出を防止にも有効」とコメントしています。

#ネタフル「iPadカテゴリー」もどうぞ。