2010-05-31_2214.png

Appleが2010年5月31日に「iPad」の販売台数が4月3日の発売以来、60日を経ずに200万台を突破したことを発表しています。

Appleは先週末には日本および、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、英国でもiPadの販売を開始しました。iPadは7月にはさらに9カ国で、その後年末にかけてさらに多くの国々でも販売されます。

テレビのニュースやワイドショーなどで大量に取り上げられていることもあるのでしょうが、思わぬところに浸透しているのを感じます。というのも、親世代(60代以上)が非常に興味を持っているようです。

簡単に使えそう&思っているより安価ということで「ちょっと買ってみようか」という気持ちになるみたいですね。

テレビでインタビューに答えている70代の男性が「いずれ寝たきりになるから、その時のために慣れておく」みたいなことを言っていたのも印象的でした。

もちろん、我が家の子供たちもゲームなどのアプリは英語が分からなくても普通に使いこなしています。大きな画面を兄弟でのぞき込めるのも良いみたいです。

スティーブ・ジョブズは「世界中のお客様がiPadのマジックを体験し、私たちと同様に夢中になっておられるようです。これまでお待ちいただいたお客様に感謝いたしますとともに、今後もすべてのお客様に行き渡るよう努力していきます」とコメントしています。

iPad Fan 2010 Vol.0 iPadファーストインプレッション編 (MYCOMムック) (ムック)

4839935653