3日間で中断!「iPad」予約受け付けという記事より。

ソフトバンクモバイルは13日、今月28日に発売する米アップルの新型マルチメディア端末「iPad(アイパッド)」の予約受け付けを12日午後から一時停止していることを明らかにした。「世界的な品薄状態」(ソフトバンク)が理由。

5月10日より日本で始まった「iPad」の予約受付ですが、12日の午後から「世界的な品薄状態」を理由に、受付が一度停止しているそうです。

「予想した以上に予約が多かった。顧客にできるだけ早く届けるために懸命に努力している」とアップルではコメントしています。

「携帯電話回線の使えない無線LANモデルは、アップルの直営サイトで予約を継続」ということなので、3Gモデルが品薄になっているようですね。

予約を再開するかどうかは未定としています。発売を一ヶ月延期したけれど、それでもなお、品薄に、ということに。

■関連記事

iPad、予約受け付けを停止

「世界的な品薄状態」(ソフトバンク)が理由。iPadの予約受け付けは10日に始まったが、わずか3日間で中断した。

iPad、予約停止「世界的に品薄」理由に

先行販売した米国では、予想を上回る売れ行きが続いている。アップルは、米国で品薄になったとして、日本での発売時期を当初予定の4月下旬から約1カ月延期した。