SIMロックの理由は「武器渡せない」 孫社長がiPad販売でという記事より。

ソフトバンクの孫正義社長は14日、動画配信サービスの番組に出演し、国内で今月28日から発売する米アップル製の多機能情報端末「iPad(アイパッド)」を同社の携帯電話通信回線網でしか使えないようにする「SIMロック」販売を行う理由について、競合他社とは携帯電話サービスの競争条件が公平でなく、他社に「戦いの武器は渡せない」と話した。

ソフトバンクの孫社長が、佐々木俊尚さんとの「光の道」対談で「iPad」をSIMロックとした理由について「戦いの武器は渡せない」と語ったそうです。

米アップルはiPadを、どの通信会社でも使える「SIMフリー」端末として世界中に販売する方針を示した。だが、ソフトバンクの戦略で日本だけ「SIMロック」端末で販売する“予想外”の展開となり、賛否両論の声がある。

ドコモがSIMカードの販売を宣言したり、日本ではどうなるだろうかと思ったのですが、残念ながらSIMロックということになったのですよね。

ソフトバンクはドコモやauと違い、総務省から800MHz帯を割り当てられていないため「少なくとも公平な競争環境にない」として、競争するために「(電波で)ハンデキャップがある分、新しい文明の利器(iPad)や違う切り口で戦う」と語ったということです。