日本国内で販売されるiPadは“SIMロックあり”という記事より。

iPadは、米国発表時にスティーブ・ジョブズ氏が「SIMロックフリーで販売する」と発言していたことや、NTTドコモの山田隆持社長が、決算説明会の席上で「iPad向けのMicro SIMを販売したい」と発言したことなどで、国内でもSIMロックがかかっていない状態で販売されるのではないかと期待されていた。

ネタフルでも次のようなエントリーを書いていました。

ドコモ「iPad」用SIMカードを単体で販売へ
NTTドコモ「iPad」向けSIMカード発売へ

マスメディアを通じてファイティングポーズを取り続けてみたけれど、結局「iPad」はiPhoneと同じようにソフトバンクモバイルに持っていかれてしまった‥‥ということでしょうかね。

10日にはアップルストアの店頭に予約に訪れる人も多かったが、アップル広報の公式コメントによると「日本国内で販売するiPadはすべてSIMロックがかかっています」とのこと。

SIMロックフリーの「iPad」に期待した人も少なくなかったんじゃないかと思いますが、日本国内ではSIMロックのかかった「iPad」のみが購入可能となります。

個人的には初物の「iPad」を2年縛りで購入するのもアレなので、とりあえずWi-Fiモデルで良いんじゃないかな、と思いますが。どうでしょうか。

Apple Store

■関連エントリー

「iPad」開封の儀と雑感
ソフトバンク「iPad」販売方法、料金プランを発表
Apple Store「iPad」Wi-Fiモデルの予約受付を開始
「iPad」はやはり唯一無二の魔法のデバイスだ!