2010-05-07_1623.png

Appleが「iPad」の販売台数が100万台を超えたことを発表しています。

4月3日の発売からわずか28日での達成です。iPadのユーザはすでにApp Storeから1,200万本を超えるアプリケーションを、新しいiBookstoreから150万本以上の電子書籍をダウンロードしています。

1ヶ月と経たずに100万台を突破しました。おかげで日本での発売が1ヶ月遅れることになったんですけどね。

スティーブ・ジョブズは、次のようにコメントしています。

「28日間で100万台のiPadということは、iPhoneで100万台を達成するのに要した74日間の半分以下ということです。需要は供給を上回り続けており、この魔法のような製品をさらに多くのお客様の手にお届けすべく努力しております。」

iPhoneの半分以下の日数で「iPad」は100万台を達成です。iPhone体験も奏功しているのでしょうね。「魔法のような製品」かぁ。

まだよく分からない」と書きましたが、バッテリの持ちはすごいです。日本に届いてフル充電してから、まだ一度も充電してないですからね。子供がゲームしたり、それなりにアプリも起動しているのですけど。

■関連記事

「iPad」販売台数が100万台を突破、発売から28日間で

Appleは、タブレット端末「iPad」の販売台数が4月30日に100万台を突破したことを明らかにした。

「iPad」の販売台数が100万台を突破--アップルが正式発表

Steve Jobs氏は、4月8日に開催された「iPhone OS 4.0」発表イベントで、iPadの販売台数が45万台を突破したと述べており、売れ行きは好調を保っているようだ。