2010-01-28_1227.png

Appleから「iPad」が発表されました。こちらのエントリーで発表の様子はまとめましたが、一眠りしてから考えたことをつらつらとメモしておきます。

一つは、今回もSafariがFlash非対応だった訳ですが、これはもうAppleがそういう方向に持っていきたいと思っているのでは、と思ってしまいました。

「iPad」が普及することで、Flashを使わないウェブサイト構築の流れが加速していく予感がします。YouTubeもFlashプレーヤーを使わずに、HTML5で再生できるようになりつつあります。

2010-01-28_1247.png

これは自分がMacBook Air(初代)やiPhoneといった非力なマシンを使っているから感じているのですが、けっこうFlashの負荷って大きいのですね(Safariのせいもあるのかもしれませんが)。

Flashをバリバリに使っているウェブサイトに遭遇すると、ちょっとショボーンとしてしまうのも確かです。

例えばゲームなど、どうしてもFlashを使わないといけないものもあると思いますが、そういうものはアプリで、という流れなのではないでしょうか。

2010-01-28_1249.png

続いて「iPad」を使う具体的なイメージですが、自分が持ち歩くというのはあまり想像できないでいます。というのも、MacBook AirとiPhoneを常に携帯しているからです。

やはり外では片手で使いたいし、腰を落ち着けたらキーボードがある方が良いですしね。そうなるとまずは家庭用となるので、3G非搭載のWiFiモデルで良いかもしれません。

そして家庭用となると、やはり子供に使わせたくなります。正直、いきなりMacというのは不安だったのです。でも「iPad」はできることも限られるし、手で触っても大丈夫なので安心です。

子供向けの道具、として「iPad」は最適な気がしますね! Macが油絵だとすると「iPad」はクレヨンだったり、色鉛筆のイメージでしょうか?

2010-01-28_1244.png

iWorkなどのアプリも非常に魅力的に見えましたし、これからペイント系など、子供が遊べるアプリもどんどん増えていくのでしょう!

「iPad」はベースがiPhone OSですが、画面も広くなっているし、アプリの操作などもしやすそうで楽しそうだな、と思いました。

この「触る」こと自体が楽しく思えることが重要で、これがApple製品の良さではないかな、とずーっと思っています。「iPad」のユーザインターフェースを見ていて、かつての子供向けソフトKidPixのワクワク感を思い出しました!

「iPad」ならでは、のできることが増えていくと、さらに世界が変わっていく気がします。iPhoneでスマートフォンが変わったように。

ということで、ちょっと思ったこと・感じたことをつらつらとまとめてみました。あくまでも個人的な感想です!

追記:@drikiniPad初感も併せてどうぞ!

以下のエントリーも参考にしてください。

Apple「iPad」発表!
Apple「iPad」関連記事
Apple「iPad」日本でも3月下旬より発売開始