スポンサードリンク

新しい「iPad Pro」がとても良いと聞くのでリモートデスクトップアプリ「Jump Desktop」が気になったりして

スポンサードリンク

新しい「iPad Pro」の評判がとても良いですね!

特にパワフルでクリエイティブ方面で評価が高いのを観測しています。マンガ用アプリがサクサク動くとか、USB-Cでデジカメから写真をそのまま転送できるとか、良い評価がたくさん。

スポンサードリンク

ぼくもiPad、iPad 2、iPad miniなどを使っていたのですが、PlusサイズのiPhoneを手にしてからはiPadはご無沙汰しています。

さらにMacBook 12インチを使っているものだから、このくらいのサイズ感のiPadはほぼ必要ない‥‥のですが、あまりにも評判が良いと気になるのですよね。

例えば、いまやっているブログ執筆の作業を全て「iPad Pro」でできないかな、とか。アプリもあるので不可能ではないとは思うのですが、それでもMacBookでブログ執筆する自由度と比較するとどうなのかな、とか。

そうなったときに、リモートデスクトップで自宅のMacBookに接続して使えたら問題クリアでは!? とか思って調べて「Jump Desktop」のデモ動画とか見てしまうわけです。

・マルチタスクをサポート
・Bluetoothキーボードをサポート
・マウスをサポート

など、ちょっとタッチ操作だと細かい作業が厳しそうだなぁ、なんて思っていたのですが、そういうのもクリアできてしまいそうです。

Jump Desktop (RDP, VNC, Fluid)

Jump Desktop (RDP, VNC, Fluid)

Phase Five Systems¥1,800posted withアプリーチ

やりたいことには限りなく近づいていけそうですが、それでもかなりの慣れを必要としそうなので、それだったらMacBookでも十分だな、と改めて思っている自分がいます。

SurfaceスタイルのMacBookの中でiOSも動けばいいのにな。macOSとiOSが融合するのもそう遠くないような気はしているのですが。1年前には【マジパン】Apple、MacとiPhoneとiPadで動作するアプリの環境を提供かという記事も書いています。

>>AppleでMac整備済製品をチェック

スポンサードリンク

前へ

ネット最速のDNS設定「1.1.1.1」スマホアプリ使い方

次へ

ネタリスト(2018/11/13 16:00)業界騒然!東海地方限定番組「さよならテレビ」は何がすごいのか?