スポンサードリンク

新型「iPad Pro」最上位1TBモデルのみメモリが6GBで他モデルの1.5倍と判明

スポンサードリンク

新型「iPad Pro」最上位1TBモデルのみメモリが6GBで他モデルの1.5倍と判明

新型「iPad Pro」には64GB/256GB/512GB/1TBというモデルがあるのですが、最上位の1TBモデルのみメモリが6GBで、他モデルの4GBの1.5倍であることが判明しました。

スポンサードリンク

新型iPad Pro、最上位モデルだけメモリ容量5割増と判明。下位モデルのユーザーから怨嗟の声【やじうまWatch】という記事になっています。

iPadシリーズは以前から公式にはメモリ容量を公表しておらず、今回のモデルもベンチマークアプリの結果から推測されたものだが、その結果、判明したのは、1TBモデルのみが6GBものメモリを搭載し、それ以外の64、256、512GBモデルは従来と同じ4GBにとどまっているというもの。

事前にストレージの容量は分かるのですが、メモリの容量は明らかにされていないのですよね。だから購入してみるまで分からないのですが、こうして下位モデルと上位モデルで差があるのって初めてでしょうか?

ちなみに価格差は次のようになっています。

・11インチiPad Pro

64GB 89,800円
256GB 106,800円
512GB 128,800円
1TB 172,800円

・12.9インチiPad Pro

64GB 111,800円
256GB 128,800円
512GB 150,800円
1TB 194,800円

512GBモデルと1TBモデルでは4〜5万円くらいの開きがあるのですが、メモリの容量差がここに反映されているのでしょうか。

Appleとしてもプロフェッショナルモデルとしての1TBなのかもしれませんが、確かに事前に差があると分かっていれば512GBではなく1TBにした‥‥という人は少なくないのかもしれません。仕事用として考えるならば。

>>iPad Proをチェックする

スポンサードリンク

前へ

ネタリスト(2018/11/08 08:00)全世界の住所を3つの単語に置き換えた「what3words」ソニーのファンドから資金調達

次へ

【動画】もしも歌う魚の壁掛けの中身がAmazon Alexaだったら‥‥