D morning 0145

「週刊モーニング」の電子書籍版「Dモーニング」がアプリとしてリリースされ、2週間ほど利用してみました。メリット・デメリットがありますが、個人的には「もう手放せないな」と感じております!

まず「Dモーニング」とは何か?

「Dモーニング」毎週木曜日にダウンロード!モーニングが月額500円で読めるiPhone/iPadアプリという記事を書いていますが、おさらいしておきます。

・週刊モーニングが読める
・毎週木曜日にデータ更新
・月額500円(1冊だと330円)
・バックナンバーは1週間分

一言で説明すると、月額500円で「週刊モーニング」が読めるアプリ、ですね!

D morning 0148

ぼくはiPad miniで読んでいますが、基本的にはそのままの表示で読めます。読み難いなぁ、と感じることはあまりありません。

縦にして読んでいるので見開きのページがバラバラになりますが、ページを繰ってから脳内補完している感じになりました。

D morning 0147

唯一、欄外にある小さい文字はズームして読んでいます。無理すれば読めないことないけど、無理するくらいだったらサクッとズームしてしまった方が簡単です。

もちろん、良いことばかりではありません。

デメリットとしては、

・バガボンド
・ビリーバット

は掲載されていません。ただ、実際に読まなくなっても、個人的には我慢できました。もちろん、愛して止まない人には考えられないことだと思いますが。

読めなくなって失ったマンガもあるけれど、

・買いにいく時間
・お金
・知らないマンガに出会うチャンス

を手に入れることができたな、と思って満足しています。

発売日を過ぎると買いにくくなってしまう週刊マンガ雑誌は意外にあるのですよ。それで漫画アクションも最近、断念したのですが。だから、読める期間が1週間という制限はあるものの、確実に入手できるのはありがたいです。

1冊330円 x 4 = 1,320円だったのが500円になっているのですから、コストカットも小さくないですね。持ち運びもiPad miniで小さいし。

本誌に掲載されていない電子版ならではの作品を読むことも出来るのもユニークでお得なところ。

D morning 0146

「沈黙の艦隊」とか、一挙に4話掲載ですから、かなり読みごたえもありました。「沈黙の艦隊」って、こんな風にスタートしたんですね、とか。

現在「ギャングース」を連載している肥谷圭介のMANGA OPEN受賞作も「ギャングース」を読んでいる今だからこそ、改めて読むと味わい深いものがあったりもします。

などなど「Dモーニング」にはメリット・デメリットがあると思いますが、個人的にはプラスの方に働いており、かなり満足しているところです。

・イブニング
・ビッグコミック
・ビッグコミックオリジナル
・ビッグコミックスペリオール
・ヤングマガジン

以上、愛読している各誌も電子版が出るといいなー!

使い方などに関しては「Dモーニング」毎週木曜日にダウンロード!モーニングが月額500円で読めるiPhone/iPadアプリという記事でどうぞ。

Dモーニング 週刊モーニング公式アプリ App
カテゴリ: ブック
価格: 無料

追記:

配信時間は気になっていたのですが、こんなツイートを頂きました!

バックナンバーに関しても補足を頂きました!