Appleとしては良かれと思い搭載した機能なのでしょうが、それが原因で訴訟に発展してしまったのが「Wi-Fiアシスト」機能です。WiFiの接続状況が悪い時に自動的にモバイルデータ通信、つまりLTEなり4Gに切り替わるわうな機能なのですが、気づかないうちにパケ死してしまった人がいるそうです。Lawsuit accuses Apple's iOS 9 Wi-Fi Assist of burning through $5M+ in dataという記事になっていました。

「Wi-Fiアシスト」で問題発生?

Some who don't understand how Wi-Fi Assist works, or even that it exists, have alleged that the new feature has caused them to use more cellular data than anticipated.

当然、WiFiがオフになれば画面の上部でアイコンが切り替わるのですが、なかなか気づきにくいものです。しかも、設定が標準でオンになっているので「Wi-Fiアシスト」の存在に気づかない人も少なくないのではないでしょうか。

自宅のWiFiの電波状況がWiFiルーターから遠くていまいちだとか、ホテルのWiFiが部屋から遠くて途切れ途切れになるとか、いずれもありそうなシチュエーションなのですが、そういった場合に自動でモバイルデータ通信に切り替わると、動画や音楽のストリーミングを利用していると大変なことになります。

パケットの上限があり、通信制限がかかったというなら余計なお金は発生しませんが、それでも使いにくくなる訳ですから。

「Wi-Fiアシスト」オフにする方法

知らない間に回線が切り替わるのは心配だという人は「Wi-Fiアシスト」をオフにしておきましょう。「設定」の「モバイルデータ通信」の最下段に「Wi-Fiアシスト」のオンオフを切り替える設定があります。

【iOS 9】「Wi-Fiアシスト」WiFi接続状況が悪い時に自動的にモバイルデータ通信を使用する機能という記事も書いていますので、ぜひこちらも参考にしてください。