Ios 8 2372

「iOS 8」では、日本語入力に他社製キーボード(IME)をインストールすることができるようになりました。早速、いくつかIMEがリリースされているのですが、まずは無料のIMEアプリ「Simeji」を使い、その方法を説明します。

「iOS 8」で他社製キーボード(IME)をインストールする方法

まず、IMEアプリをインストールておきます。

Simeji(シメジ) - 日本語文字入力&顔文字キーボード App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

今回は「Simeji」を試しに使っていますが、手書きで日本語入力ができる「mazec」のようなアプリもあります。

mazec - 手書き日本語入力ソフト App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥700

このあたりをお好みで選べるようになったのが「iOS 8」の良さですね。

それでは、実際に他社製キーボードが使えるように設定します。

Ios 8 2363

「設定」アプリから「一般」そして「キーボード」と開きます。さらに中にある「キーボード」をタップします。

Ios 8 2364

「新しいキーボードを追加...」をタップします。

Ios 8 2365

ここで「他社製キーボード」として「Simeji」が表示されますので、タップして選択します。

Ios 8 2366

これでキーボードに「Simeji」が追加されました。さらに「Simeji」をタップし「フルアクセスを許可」をオンしておきます。

Ios 8 2369

これで、その他のキーボードと同じように「Simeji」も選択できるようになりました。

Ios 8 2371

「クラウド超変換」などの機能が利用できるようです。シャツのアイコンをタップすると、キーボードの着せ替えも可能です。

今後、ATOKなどのIMEもリリースされる予定ですので、自分に合ったものを探してみてください。