2014 09 10 1718

Appleが「iOS 8」を2014年9月17日にリリースすることを発表しました。メッセージと写真の新機能、QuickTypeキーボード、拡張性、iCloud Driveに加え、新しいヘルスケアアプリケーションが登場します。

「iOS 8」新機能

Apple - iOS 8 - 新機能で、その新機能が詳しく分かりますが、特に今回はサードパーティー製の日本語入力ソフトが使えるようになる、というのが日本向けとしては大きな機能となるでしょうね。

新たに4,000以上のAPIがデベロッパに向けて提供され、主要な拡張機能、HealthKitおよびHomeKitなどの堅牢なフレームワークを通じて、さらなるユーザエクスペリエンスのカスタマイズが可能になります。

Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは次のように述べています。

「何億人ものユーザの皆様に、iPhone、iPad、iPod touchの新しい使い方を提案する素晴らしい新機能を備えたiOS 8を体験していただけることを非常にうれしく思います。iOS 8はまた、デベロッパにとっても、これまで実現できなかったような素晴らしい新アプリケーションを開発するための非常に優れた環境となります」

「iOS 8」無料で提供

「iOS 8」はiPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPod touch(第5世代)、iPad 2、iPad Retinaディスプレイモデル、iPad Air、iPad mini、iPad mini Retinaディスプレイモデルに向け、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。

iCloudの新しい利用料金は、5GBまで無料、20GBまで月額100円、200GBまで月額400円、500GBまで月額1,200円、1TBまで月額2,400円となります。

関連記事

ネタフルでは次のような記事も書いています。

【速報】「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」そして「Apple Pay」「Apple Watch」発表

「iPhone 6 Plus」「iPhone 6」「iPhone 5s」「iPhone 5c」Appleが比較ページを公開

「iPhone 6 Plus」「iPhone 6」SIMフリーモデルの価格

「Apple Pay」とは?(NFCモバイル決済サービス)

「iPhone 6 Plus」はApple Online StoreでSIMフリー版を購入しようかと思い始めています

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」SIMフリー版は20のLTE周波数帯に対応しているので国内販売される端末は1種類 → SIMフリー端末でいい気がしてきた