iOS 11.3」で新しく追加された機能「バッテリーの状態(ベータ)」の使い方を説明します。使用しているiPhoneのバッテリーの状態を確認することができます。

「バッテリーの状態(ベータ)」の使い方

「設定」アプリから「一般」を開き、その中にある「バッテリー」を開きます。

「バッテリーの状態(ベータ)」を開きます。

「最大容量」や「ピークパフォーマンス性能」について確認することができます。

「最大容量」は「新品時と比較したバッテリー容量の基準です。容量が低下すると、1回の充電で使用できる時間が短くなることがあります」というものです。

「ピークパフォーマンス性能」では、バッテリーが通常のピークパフォーマンスに対応できるかどうかを表示します。

パフォーマンス管理機能が適用された場合は「この iPhone で、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。」というメッセージが表示されます。

この機能は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus に適用されます。

バッテリー交換に関しては、バッテリー劣化で速度低下するiPhone問題、Appleが謝罪と3,200円のバッテリー交換を発表という記事を書いていますので参考にしてください。