2018 02 07 0857

Appleが「iOS 11.3」より導入される、バッテリーの状態を確認する機能の詳細を公開しました。iPhone のバッテリーとパフォーマンスという文書で、詳細な機能が説明されています。

iOS 11.3 には、バッテリーの状態を表示し、バッテリーの交換が必要な場合はそれを推奨する新機能 (対象は iPhone 6 以降) が追加されました。この機能は「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態 (ベータ)」にあります。

ピークパフォーマンスをダイナミックに管理することで突然のシャットダウンを防ぐパフォーマンス管理機能がオンになっているかどうかをユーザ自身が確認し、それをオフにできるようにもなります。

デフォルトでは機能はオフで、バッテリーの最大瞬時給電能力が低下したデバイス上で突然のシャットダウンが最初に起きた後にのみ有効化されます。

この機能は、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus に適用されます。

バッテリーの最大容量の確認、ピークパフォーマンス性能に関する確認、バッテリーが劣化しているかどうかといったことを確認することができます。