Ios11 control center wifi bt 8257

iOS 11」ではコントロールセンターがカスタマイズ可能になり便利になったのですが、WiFiとBluetoothのオン・オフは気をつけた方が良いかもしれません。というのも、コントロールセンターでWiFiとBlutoorhをオフにしても、接続が切れるだけで機能としてはオフになっていないのです。

実際にWiFiとBlutoothのアイコンをタップしてオフにしたところで「設定」アプリを確認してみます。

Ios11 control center wifi bt 8258

すると確かにWiFiとBluetoothは「未接続」となっています。機能としてはオフになっていないのです。

これに関してはAppleもiOS 11 のコントロールセンターで Bluetooth と Wi-Fi を使う - Apple サポートとして説明しています。

iOS 11 以降では、コントロールセンターで Wi-Fi または Bluetooth のボタンを切り替えると、Wi-Fi アクセサリや Bluetooth アクセサリとデバイスとの接続がすぐに切断されます。Wi-Fi も Bluetooth も引き続き使えるので、以下の重要な機能は利用できます。

以下の重要な機能とき次のようなものです。

・AirDrop
・AirPlay
・Apple Pencil
・Apple Watch
・連係機能 (Handoff、Instant Hotspot など)
・Instant Hotspot
・位置情報サービス

完全にWiFiとBluetoothがオフになってしまうと使い勝手が悪くなってしまうため、Appleとしてはこれらの利用は継続して欲しい‥‥ということでしょうか。

コントロールセンターでのWiFiとBluetoothのオン・オフは、接続しているWiFi、Bluetoothアクセサリのオン・オフのみということになります。もし完全にオフにしたい場合は「設定」アプリから機能自体をオフにする必要があることは覚えておきましょう。

■iPhone購入・契約なら:ドコモauソフトバンク
■格安SIMなら:UQモバイルLINEモバイルYモバイルDMMモバイル