2017 07 06 1135

カメラとしてのiPhoneを確固たるものにするiOS 11の進化という記事で解説されていたのですが、2017年秋にリリース予定の「iOS 11」では写真と動画のフォーマットが新しいものに変更されるそうです。

写真はJPEGから「HEIF(High Efficiency Image Format)」に、動画はH.264から「HEVC(High Efficiency Video Codec)」と変更されます。このファイルォーマットの変更はどんな恩恵をもたらすのでしょうか?

新しいフォーマットでファイルサイズ減に

ファイルフォーマットが変更されても、基本的には操作に変更はありません。あくまでも保存形式が変わるだけですので。ただし、これが大きな効果があるのです。

現在、iPhone 7で撮影される写真の平均的な画像サイズはJPEG画像で1MBから4MB。被写体によって変化する。これがHEIFでの保存になると半減する。

ほとんどの写真が2MB以下で収まるようになるということなので、増え続けるカメラロールの写真がiPhoneの容量を圧迫するのを抑える効果があるでしょう。

さらに効果があるのが動画だそうです。「秒間60フレームの1080pフルHD(1920×1080ピクセル)のビデオは1分当たり200MB」だったものが90MBになるそうで、これまたファイルサイズとしては半減です。

恐らく既存の写真や動画のフォーマットはそのままなのでしょうが、これから撮影するものに関してはファイルサイズを抑えることができるようになるのでしょうね。

iPhoneからMacに写真転送してブログを書く際に新しいフォーマットはどうなるだろう‥‥と思ったのですが、Picportのような転送アプリを使う限りは、JPEGへの変換などには対応してくれるのでは、と期待しているところです。

「普段の取材におけるスナップやビデオ撮影、マクロ撮影も含めて、iPhoneのほうが適しており」という松村さんの感想はぼくも同意で、メインカメラがiPhoneでバックアップにミラーレス一眼を持っていく、というような状況になっています。iPhone用広角レンズもいいもんです。