2017 06 06 0929

iOS 11」アップデートは、iPadへの大きなテコ入れとなることでしょう。特に「iPad Pro」10.5インチ&12.9インチは素晴らしい体験になるの違いありません。新しいファイルシステム、ドラッグ&ドロップ、マルチタスクの強化など、よりPCのようにiPadを使えるような機能強化が図られています。「iOS 11」は2017年秋のリリースを予定しています。

「iOS 11」の新機能

ウェブサイトで動画付きで見るのが最も分かりやすいですが、ざっと「iOS 11」の新機能は以下の通りです。

・カスタマイズ可能なDock:よく使うアプリケーションや書類に画面のどこからでもアクセスできます。

・マルチタスキングの強化:Appスイッチャーを再設計したことで、iOSでもSpacesが使えるようになりました。これにより、Split Viewや新しいSlide Overでのアプリケーション間の切り替えや、使用中の2つのアプリケーション間の切り替えがさらに簡単になります。

2017 06 06 0941

・新しいファイルアプリケーション:デバイス上、iCloud Drive上、BoxやDropboxなど、どこにファイルを保存してあっても、すべてのファイルを一つの場所でまとめて表示できます。

2017 06 06 0942

・Multi-Touchドラッグ&ドロップ:画面のどこからでも、テキスト、写真、ファイルをアプリケーション間で移動できる機能。システム全体で利用できます。

・メモアプリケーションの新しい書類スキャナー機能:書類をスキャンし、写りこんだ影を取り除いたり、パワフルな画像フィルタを利用して読みやすくしたりできます。

・Apple Pencilとの密接な連携:インスタントマークアップは、メモアプリケーションとメールアプリケーションでのインライン描画に対応し、書類に署名したり、PDFに注釈を加えたり、スクリーンショットに加筆したりできます。また、インスタントメモ機能では、Apple Pencilでディスプレイをタップするだけで、ロック画面からメモアプリケーションを開くことができます。さらに、言語によっては手書きのテキストや文字が検索可能になり、見つけやすくなりました。

2017 06 06 0946

「iOS 11」では、ARKitが登場します。Appleが開発した新しいプラットフォームにより、デベロッパは、iOSデバイスの内蔵カメラを使い、iPhoneとiPadのユーザーにAR体験を提供することができます。現実の風景上にバーチャルコンテンツを重ねて、インタラクティブなゲーム、ショッピング体験、工業デザインを開発できます。

Apple Payによる個人間の送金、運転中の「おやすみモード」さらに賢くなって新しい声が追加されたSiri、写真とカメラのプロ向けの新機能などはiPhoneでも利用できる新機能です。

「iOS 11」には「High Efficiency Image File Format(HEIF)」という新しい技術が採用され「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」で撮影したすべての写真のファイルサイズが小さくなります。

「iOS 11」のデベロッパー向けプレビューバージョンは今日から提供開始、正式なリリース2017年秋に無償アップデートが予定されています。

Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは次のようにコメントしています。

「iOS 11によって世界最大のARプラットフォームが実現します。デベロッパの皆さんは、本日より提供されるデベロッパ向けのプレビューで、、iPhoneとiPadの十何億人ものユーザーのために、ARKitを使ってAR体験を作り出すことができます。iOS 11は、iPadでできることを最大限に活かせるパワフルなアプリケーション機能をiPadユーザーに提供します。多数の新機能に加え、iPhoneとiPadのユーザーが毎日使っているiOSアプリケーションにも驚くようなアップデートが追加されています」

iOS 11のその他の追加機能

・App Storeのデザインが一新され、アプリケーションやゲームをこれまでに
なく簡単に検索できるようになっています。iOSデベロッパとアプリケーショ
ンやゲームにまつわるストーリーが紹介されています。
・App Store for iMessageでは、アプリケーションパネルのデザインが新しく
なり、さらに簡単にアプリケーションやステッカーにアクセスして、メッセー
ジに楽しいエフェクトを追加したり、曲を共有したりできるようになりまし
た。
・コントロールセンターは、さらに多様なカスタマイズが可能になっているほ
か、よく使うすべてのコントロールに1つのページから簡単にアクセスできる
ようになっています。また、新しいロック画面では、通知をまとめて表示でき
る便利な方法が追加されています。
・Apple マップには、世界中の主要な空港やショッピングセンターの屋内のマ
ップのほか、曲がり角や出口を見逃さないよう、車線案内が追加されていま
す。
・ホームのサポート対象が拡大され、AirPlay 2スピーカーなど、より多くの
アクセサリに対応しているほか、新しいトリガによって、より多様な方法でホ
ームオートメーションが実現するようになっています。
・AirPlay 2では、マルチルームオーディオ機能によって、コントロールセンタ
ー、ホームアプリケーション、Siriを使って簡単にスピーカーをコントロール
できるようになっています。
・Apple Musicには、友達と一緒に音楽を方法が追加されています。Apple
Musicに登録するとプロファイルを作成して、友達がフォローしたり、共有プ
レイリストを再生したり、よく聴く曲を表示したりできます。
・Apple Newsでは、最新情報やエンターテインメント情報を確認しやすくなっ
ています。一人ひとりの使い方に合わせたトップストーリーやSiriによる提案
のほか、新しい SpotlightタブにはApple Newsの編集者が毎日厳選する読み応
えのある記事が表示され、Today Viewにはベストビデオが表示されます。
・キーボードの片手操作用モードによって、移動中のiPhoneでの入力がさらに
簡単になったほか、iPadでは新しいQuickTypeキーボードによって、数字や記
号、句読点をすばやく表示できるようになっています。

2017 06 06 0954

個人的にはコントロールセンターのカスタマイズが楽しみです。

「iOS 11」対応モデル

「iOS 11」アップデートが対応するのは以下のモデルです。

2017 06 06 0955