Ios10 1 camera 0260

iOS 10.1」のリリースにより、iPhone 7 Plus用「ポートレートカメラ機能(beta)」が利用できるようになりました。これは被写界深度エフェクトを利用したもので、手前の被写体にピントを合わせて背景がボケるエフェクトをかける機能です。いわゆる一眼レフカメラで撮影する背景ボケ写真を想像して貰うと分かりやすいでしょう。

「ポートレートカメラ」を試す

どんな写真が撮影できるかというと、こんな写真になります。

Ios10 1 camera 0273

これが「ポートレートカメラ」機能を利用したもの。

Ios10 1 camera 0272

これは同時に撮影されるエフェクトがかかっていないもの。

背景のボケがよく分かります。

続いて人物写真です。モデルはのりおくん@エアロプレインです。

Ios10 1 camera 0276

これが「ポートレートカメラ」機能で撮影した写真です。

Ios10 1 camera 0275

これが同時に撮影されたエフェクトがかかっていない写真です。

Ios10 1 camera 0277

試しに撮影した2倍ズームの写真も。

Ios10 1 camera 2fkw

「ポートレートカメラ」機能でエフェクトがかかったものと、そうでないものを並べると違いがよく分かります。人物を強調したい時には良さそうです。あまり近寄れないので(近すぎると離れるよう指示が表示される)、ブツ撮りはちょっと難しいカモと思いました。

Ios10 1 camera 1006

パッと見は非常に良い機能だと思うのですが、拡大してみると境界線の処理が難しい場合があるようです。この写真だと髪の毛が背景と思われているようですね。とりあえずベータ版ですので、今後に期待です。

同時に利用できるようになった「Apple Pay」に関してもいろいろと書いていますので、ぜひご覧ください!

iPhone用「モバイルSuica」アプリがリリース 〜ビューカードでオートチャージ設定してみた

【Apple Pay】「Suica」で改札通過時は端末スリープ・アプリは開かなくても良い

【Apple Pay】登録したSuicaやクレジットカードの情報を削除する方法