世界最大の国際通信キャリアは「Skype」に - 米TeleGeography調査という記事より。

Skypeが世界最大の国際通話キャリアに――この結果を導き出したのは調査会社の米TeleGeography Researchが1月19日(現地時間)に発表した報告書だ。

「Skypeが世界最大の国際通話キャリアに」という調査報告が、アメリカの調査会社から出されたそうです。

それによると、電話機からの国際通話の伸びがここ2年で急速に鈍化し、代わりにSkypeが好調なのだとか。トラフィックは急上昇しています。

Skypeのトラフィックは急上昇しており、インターネット経由の国際通話トラフィックは(両拠点がSkype同士の場合で)2008年に51%の伸びを見せたという。2009年はこれが63%伸びて540億分となり、一般的な国際電話と比較した際のシェアは2008年の8%から2009年には12%に達する。

故に「Skypeは世界最大の国際通話キャリアだ」という結論が導かれています。

確かに、我が家もニューヨークにいる親戚と通話をする時は、間違いなくSkypeですしね。放送が変わりつつあるように、通信も変わりつつあります。