オンラインDVDレンタル、利用度・認知率共に低下——「知らない」も約4割という記事。

リサーチプラスは4月8日、オンラインDVDレンタルサービスについてのアンケート調査結果を公表した。調査はインターネット上で300人(男性150人/女性150人)を対象に行われたもの。昨年行われた同調査と比較すると、サービスの認知度・利用率の双方で低下が見受けられる。

一時、サービスが次々に立ち上がり、かなりの宣伝攻勢でメジャーな存在になりつつあると思ったオンラインDVDレンタルですが、調査によると利用度・認知率が低下しているそうです。

「オンラインDVDレンタルサービス」とは月額固定額を支払うことで、好きなだけDVDをネットで選んでレンタルし、見終わったらポストに投函して返却できるというサービスで、DVDをたくさん見る人には便利なサービスとなっています。

調査結果によると、「このサービスがどういうものが知っている」は昨年から8.7%の低下となる62.3%、「このサービスは知っているが、利用したことはない」も10%低下の61.0%となった。「サービス自体を知らない」も37.7%存在している。

さらに、サービスを知らなかったユーザにサービスの内容を説明し、再度質問したところ

・利用してみたい 35.5%
・特に必要性を感じない 51.7%

という結果になったそうです。利用したい人は既に利用している、という感じなんでしょうか。

既に利用している人の不満点としては、

・レンタル可能な作品数が少ない
・DVD到着までに時間がかかる
・料金

などが挙げられており、更なる普及にはこれらの改善が必要なのかもしれません。

livedoor ぽすれん