米Yahoo!、“クリエイティブコモンズ”コンテンツ検索のベータ版を発表という記事より。

米Yahoo!は24日、検索サービスの1つとして「Yahoo! Search for Creative Commons」のベータ版を発表した。その名称の通り“クリエイティブコモンズ”ライセンスを採用しているコンテンツのみを検索できるサーチエンジンのユーザーインターフェイスだ。

「クリエイティブコモンズのコンテンツは、著作権をより自由な方法で用いることができるように工夫されている」ということで、非商用利用、商用利用などが明記されているために、コンテンツの再利用目的で検索する需要も大きいのかもしれません。

クリエイティブコモンズライセンスは、こうしたさまざまな形態の著作物の利用を可能とするためにライセンス自体をデジタル化したことでサーチエンジンとの親和性が高くなり、非営利団体のCreative Commons自身も独自のサーチエンジンをサイト上で提供している。

現在、既に1,000万ページほどがインデックスされている模様です。

■関連記事

米Yahoo!、加工・再利用が可能なコンテンツを検索できる新サービス

Yahoo!は、「リミックス文化を創り出し、新世代の作品作りを可能にする柔軟な著作権ルールの下、人々がコンテンツを検索・共有できるようにするための重要なステップになる」としている。