アマゾン、「女の子にはピンクの包装紙」を提案するシステムで特許取得という記事より。

この特許がカバーするのは、プレゼントの受取人に関する情報を推測し、その情報を利用して顧客に適切な商品やサービスを提案するための手法やシステムだ。これに基づき、同社は商品購入者に対し、知り合いの誕生日やバレンタインデーが近付いていることを通知したり、性別/年齢に合った商品を提案したりすることができる。「例えば、購入された玩具が人形用の服である場合、それを受け取るのは女の子であると推察できる」と特許文書には書かれている。

 「その商品がプレゼントとして購入された場合、性別情報を利用して、どのような色/模様の包装紙を提案すべきかを決定できる。例えば、受取人が女の子であると推測される場合、ピンクまたはパステルカラーのプレゼント用包装紙を最初に提案できる」ということで、我々はAmazonにお薦めされるがままに商品を購入しプレゼントを贈るようになるんでしょうかね。

親密な人には一生懸命考えて贈りたいと思う反面、そうでない場合はいろいろとお薦めされると楽チンかも、なんてことも思ってしまいました。

Amazonは同文書の大半のスペースを割いて、プレゼントを受け取る人の年齢や誕生日を推測する方法について説明している。例えば、ある年に2歳児用の玩具を購入した顧客が、翌年の同時期に3歳児用の玩具を購入した場合、その次の年からはこの情報を活用して、顧客にリマインダーメールを自動送信できる、と同文書には書かれている。

顧客が自分の意志でリマインダーを登録するのではなく、あくまでもAmazonが自動的に判断してリマインダーを送ってくれるのです。

「注文されたのが香水で、注文日がバレンタインデーの1週間前ならば、その香水はプレゼント用であると推測できる」とかっていうのも当然と言えば当然なんですけど、それを特許として申請し、さらには機能として実装するのでしょうから、Amazon恐るべし、です。様々な情報を把握されるのは怖い部分もあるにはありますが、これはもう、できる営業マンと同じですね。